本場のイギリス英語を聞く

 


 

【イギリス英語を学ぶための書籍セレクト! – イギリス英語はアメリカ英語とは別物】も確認する

生のイギリス英語を聞く

イギリスで録音した音声をもとにリスニングのトレーニングができる教材です。インタビュー音声をそのまま使用しているため、いい淀みなどもあり、とてもリアルな音声を聞くことができます。イギリスの観光スポットで取材をして録音をしているので、イギリスの文化や歴史なども同時に学ぶことができます。

はじめに

まずは、この本を手にとってくださったあなたに心より感謝いたします。

あなたはたぶん、イギリスに興味がある、イギリスが好き、イギリス英語を学びたい、イギリス英語に興味がある、イギリス英語が好き…….、そのような想いがあってこの本を手にとってくださったんだと想像します。そんなあなたの想いに対して、今の僕なりのベストの回答が本書を通じて実現できたと自負しています。
イギリス英語(コミュニケーション)力というのは、現地の人々の生の声に触れた量、そして、イギリス独特の文化の知識、この2つの掛け算で(ほぼ)決まってくるというのが僕の持論なのですが、本書はまさにその2つで構成されており、その2つがタップリ収録されています。

しかも、「イギリス独特の文化」の中でも、特に正統派・王道の話題が目白押し。 キーワードは、アフタヌーンティー、ロイヤル・ファミリー、ビートルズ、ハリー・ポッター、スパイ映画、タイタニック、世界遺産、 イングリッシュ・ガーデン、ヴァイキング……などなど。

各ユニットには、杓子定規な文化説明ではけっして味わえない、それぞれの話題(トピック)に直接的に従事し、心からの情熱を注いでいる方々だからこそ語れるストーリーが彼らの熱量とともに収められています。 “ 生の”英語なので、聞き取りは簡単ではないかもしれませんが、「へ~」「なるほど!」「そうだったのか!」という体験が得られるはずですので、知的好奇心を持って聞いてみてください。開いた量に比 例して耳はきっと慣れてくると思います。

これまで10年ほど、東京とロンドンを幾度となく往復しながら、 イギリスとイギリス英語に関してさまざまなメディアで発信してきた僕にとって、1つの節目であり、集大成となるのが本書です。形にして、世に出してくださったコスモピアさんにこの場をお借りして感謝します。

本書の企画、取材、執筆、校正のそれぞれの段階を通じて、僕が一貫して感じていたワクワク感を、本書のページをめくるごとにあなたにも感じてもらえれば、筆者としてこれほどうれしいことはありません。

2017年12月
川合亮平

川合 亮平 (著)
出版社: コスモピア (2017/12/22)、出典:出版社HP

Contents

はじめに
本書の構成と使い方
CDトラック表
●序章
Our Destinations本書で訪れるスポットについて
Unit1クラリッジズのアフタヌーンティー
Afternoon Tea at Claridge’s
Section 1 アフタヌーン・ティー: 人気の秘密
Section 2 素材へのこだわり
Section 3 紅茶に対する思い
Exercise

Unit2 ハリー・ポッターのハウス・オブ・ミナリマ House of Minalima
Section 1 ウィーズリー・ジョークショップ
Section 2 忍びの地図
Section 3 ルーナ・ラブグッド
Exercise

Unit3ビートルズ・マジカル・ミステリー・ツアー Beatles Magical Mystery Tour
Section 1 トライデント・スタジオ
Section 2 ジョン・レノンのテレビ出演秘話
Section 3 ビートルマニアが生まれた場所
Exercise

Unit4 ケンジントン宮殿 Kensington Palace
Section 1 ダイアナ妃とケンジントン宮殿
Section 2 ヴィクトリア女王と宮殿
Section 3 ケンジントン宮殿の見どころ
Exercise

Unit5 ロイヤル・アルバート・ホール Royal Albert Hall
Section 1 開催される音楽イベント
Section 2 ホール建設の背景
Section 3 ネルソン・マンデラの秘話
Exercise

Unit6 英国紳士服店ハンツマン Huntsman Savile Row
Section 1 ハンツマンに憧れた理由
Section 2 サヴィル・ロウの魅力
Section 3 ビスポークスーツの価値
Exercise

Unit7英国郵便博物館 The Postal Museum
Section 1 ヴィクトリア時代のSNS
Section 2 短命だった郵便自転車
Section 3 タイタニックのエピソード
Exercise

Unit8世界遺産グリニッジ Royal Museums Greenwich
Section 1 エリア内にある4つの施設
Section 2 貿易船カッティー・サーク
Section 3 ユネスコ世界遺産への登録
Exercise

Unit9 世界遺産キュー・ガーデン Kew Gardens
Section 1 おすすめのエリア
Section 2 イングリッシュ・ガーデンの魅力
Section 3 世界に園芸が必要な理由
Exercise

川合 亮平 (著)
出版社: コスモピア (2017/12/22)、出典:出版社HP