ワンランク品のよくなる英会話

 


 

ちょっとしたコツで好印象!

日本語と同様に、英語にも丁寧語は存在します。
社会人にもなれば、相手や場面にふさわしい失礼のない言い回しをする必要があります。
本書を読むことで、相手の心を掴む英会話術を身につけることができるでしょう。

はじめに

「どうすれば、英語は早くうまくなりますか?」
「英語に敬語はありますか?」
「英語に男女の違いってあるの?」
「女性らしい英語って、たとえばどんな英語ですか?」

英語に関するいろいろな質問が、私のところに寄せられます。
15歳で留学を希望し、日本を後にしてから長い年月がたちました。今では呼吸をするのと同じくらい自然に英語が出てきます。でも気がついたら身についていた、というわけではありません。米国に移住して英語を話す人々に囲まれて生活をしていても、やはり「覚えよう」「もっとうまくなりたい」という意識がなければ、なかなか進歩はしないもの。私もあれこれ失敗し、時には恥ずかしい思いをしながら、少しずつ学んでいったのです。

そんな中で、私たち日本人にもっとも 足りないものは、英文法や英単語の知識などではなく、英語を使いこなすためのソーシャルスキル/社交術だ、と常々感じていました。言語能力を生かすも殺すも、話す相手にどれほど好感を持ってもらえるかで決まると言ってもいいでしょう。
どれほど好感度の高い、相手に好ましい印象を与える英会話をすることができるのかどうかが、英語で過ごす人生そのものを左右するといっても過言ではありません。

知性と品格を感じさせる英会話というのは、この国で暮らすようになってからずっと私の頭の中にあった課題の一つでした。TOEICや英検の試験には決して出てくることはないけれど、英語を駆使していく中でもっとも大切なことではないかと私は思っているのです。
それは、単なる表現や言い回しだけにとどまりません。

あいさつは笑顔でするもの、店員さんに話しかけられたら必ず返事をする、見知らぬ人と会話を始めるコツなども、英語を使う上で必要になる大切なソーシャルスキルです。こういった社会習慣を知っておくのと、知らないのとでは、英語社会に順応するスピードがまるで違います。
先日、日本に帰国して面白い光景を目にしました。あるレストランで朝食をとっていると、隣のテーブルにスーツ姿の男性が座りました。

ウェイトレスがメニューを持ってきました。
「いらっしゃいませ。おはようございます」
「……」
「メニューはAセットとBセットとがございますが、どちらになさいますか?」
「A」
「承知いたしました。ありがとうございます」
「……」
「お飲み物は、どうぞご自由にお取りください」
「……」
「ではすぐにお持ちいたしますので、少々お待ちいただけますか」
「……」

このような男性は、成田の出国手続きのときに足止めをして決して国外に出さないでいただきたいものだ、としみじみ思いました。英語になったとたんに別の人格になるのなら話は別ですが、この人物が英語社会でもこのままの態度を貫いたとすれば、たとえ英検一級レベルの知識を持っていたとしても、上手に人間関係を築くことは絶対にない、と断言できます。

あなたの英会話体験が、あなたにとっても相手にとっても、楽しく、心地よく、実りあるものでありますように。そんな願いを込めて、本書を書きました。

田村 明子 (著)
出版社: 青春出版社 (2020/1/10)、出典:出版社HP

目次

ワンランク品のよくなる英会話
目次
はじめに
Chapter 1
社交上手な人が話している「愛される英会話」ちょっとしたコツ
◆愛される英語の第一歩は…
◆品のある人はよく微笑む
◆お気に入りの店でVIPになるコツ
◆隣り合った人と“ささやかな会話”を
Column 会話がはずむ「ほめる英語」
◆相手の心をとらえるAlwaysの使い方

Chapter 2
飛行機で、入国審査で、タクシーで…
スマートな印象の英会話
◆エコノミークラスを快適に過ごす
◆飲み物をスマートに頼むコツ
◆海外での“温度差”に対応する
Column 機内お役立ちグッズ・ベスト3
◆隣人との会話を楽しむために
◆入国手続き、ちょっと注意すること
◆NYでタクシーに乗るとき心すること
◆地下鉄&バスでのちょっとした英会話
Column ニューヨークの地下鉄の安全性

Chapter 3
ショッピング・観劇・美術館を楽しむ
洗練された大人の英会話
◆ショッピングにはマナーがある
◆じっくり選ぶのがエレガント
◆北米なら気軽にできる「返品」
◆チケットを買うときのちょっとしたコツ
Column 劇場で役に立つエチケット英語
◆屋台や市場を楽しむ英語
Column 女性の体の悩みを英語で表現する

Chapter 4
レストランで美味しく心地よく…
グルメな人のよくばり英会話
◆きちんとサーブされたいなら…
◆お店の人の“お気に入り”を訊く
◆シェアをするならお行儀よく
◆デート相手のお皿が気になったら…
◆初デートでの注文の仕方
Column 柔らかいニュアンスになる、ちょっとした言い回し
◆クレームはエレガントに
◆ときには「彼」にまかせてみる

Chapter 5
カジュアルからフォーマルまで…
パーティーを盛り上げる英会話
◆手料理には最大の賛辞を
◆おかわりのいただき方、断り方
◆”Ice Breaker”になろう
◆ふさわしい話題の選び方
◆「知ったかぶり」をしない
◆立食式なら軽やかに動いて
Column 社交辞令にしたくないとき
◆ホストへ感謝を伝えたいなら
Column どんなパーティーか確認すること

Chapter 6
ホテル&ステイ先で心地よく過ごす
好感を持たれる英語&エチケット
◆トイレはノックしてはいけない
◆覚えておきたい「バスルーム」のマナー
◆ドアを閉めてはいけないとき
Column 間違い電話の対処法
◆大人の必修科目「ベッドメーキン グ」

Chapter 7
上司・部下・仕事相手と…
違いが出るビジネス英会話
◆「オフィス英語」と「学生英語」は区別して
◆ファーストネーム? ミスターorミセス?
◆会社の電話は「Hello」とは言わない
Column 待ち合わせの時間
◆込み入った話をスマートに切り出す
◆できる人は頼み上手
◆仕事相手の心をつかむ英語
◆意見の相違をやんわり指摘する

Chapter 8
メール、SNSのコメント&チャットで…
軽やかなEメール&チャット
◆肝心なのは「書き出し」と「件名」
◆ビジネスメールに季節のあいさつは無用
◆SNSのコメント&チャットで好かれる英語
◆仕事orカジュアルで使える締めフレーズ
Column Eメール・SNS etc…品のよいネット作法

Chapter 9
付き合う前、デートで、別れ方…
CLASSYな女性の恋の英会話
◆恋愛指南の元祖『The Rules』に学ぶ
◆デートに誘われたら…受け方&断り方
◆付き合う前の会話の心得
◆ジャズクラブやバーでは大人の会話
◆デートは終わり方が大事
◆どうしてもピンと来ないなら…
◆Loveの言葉の重さを知ること
Column 「Beauty is only skin deep」にならないこと

Chapter 10
こまった相手、苦手な質問、ビミョーな場面で…
ユーモアで切り返す英会話
◆苦手な質問をさらりとかわすコツ
◆お誘いを失礼にならないように断る
◆ほめすぎてはいけないとき
◆恋のアプローチの上手なかわし方
Column ためになる「タンゴの単語」

おわりに
企画・編集協力◆中山圭子

田村 明子 (著)
出版社: 青春出版社 (2020/1/10)、出典:出版社HP