【音声DL付】世界のエリートを唸らせる 話すビジネス英語

 


 

相性動詞を使おう

ビジネスで頻繁に使う50個の名詞ごとに、相性動詞が紹介されています。「相性動詞」とは、動詞+名詞の適切な組み合わせのことです。適切な表現を使いこなすことで、ビジネスで信頼を得ることができます。会話だけでなく、メールのやりとりにも役に立ちます。

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP

はじめに

■あなたは「基本名詞」を使いこなせているか?
本書ではビジネスの現場でネイティブが頻繁に使う名詞を50個厳選して紹介しています。突然ですが、目次をざっと見てください。50個の名詞を見てどう感じられますか?「target, benefit, successなど、どれも簡単な単語ばかりで、仕事場で使っているものばかりだ」と感じられたかもしれません。
確かに厳選した名詞の中には基本的なものが多く含まれます。でも、本当に「これらの基本名詞を適切な形で使いこなしている」と自信を持って言えますか?
英語は「組み合わせ」が大好きな言語ここでこれらの名詞がどう使われるのか、少し考えてみましょう。センテンスの中で使われるとき、Offerserviceのように大抵は「動詞+名詞」の組み合わせで使われますね。この「組み合わせ」が英語では特に重要で、ネイティブスピーカーの英語は「組み合わせ」だらけで

■自己流の「組み合わせ」は危険である
義務教育や英会話学校の教育では見落とされがちなのですが、実のところ「組み合わせ」を作る時に、やみくもに知っている動詞と名詞を組み合わせているのであれば、その英語はネイティブにとって不自然な可能性が高いです。まったく意味をなさずにネイティブが固まってしまう「組み合わせ」はもちろん問題です。でも僕がもっと怖いと感じるのは、「何となく通じてしまっている自己流の「組み合わせ」」。ランダムに組み合わせてとりあえず通じているかもしれませんが、実は、相手に失礼なニュアンスを伝えていたり、ちぐはぐな印象を与えている場合が多々あるのです。

■「相性動詞」とは何なのか?「相性動詞+名詞」をどんどん使おう
では、どうすればいいのか?名詞には、相性のいい動詞がいくつか存在し、ネイティブは会話の中で「動詞+名詞」の形で自然に組み合わせて使っています。この名詞と相性がいい動詞を本書では「相性動詞」と命名しています。ネイティブであれば経験から「相性動詞+名詞」を自由自在に使いこなせますが、私たち非ネイティブがネイティブの自然なパターンを使いこなせるようになるには、方法はただひとつ。「相性動詞+名詞」のパターンを大量にインプットしたうえで、アウトプットする練習をするしかありません。
「相性動詞」を使えば、あなたの英語とビジネス
が変わる「相性動詞+名詞」のパターンを身につけていくと、

■どういうメリットがあるでしょうか?
メリット
1信頼を得られ、ビジネスが加速する
まず、相手からの信頼感が得られやすく、結果、ビジネスを円滑に進めやすくなります。適当な組み合わせで話すのと、ネイティブが使いこなしている相性動詞の「組み合わせ」で話すのでは差は歴然です。ネイティブや他のネイティブレベルの英語話者から「この人はわかっているな、話が通じるな、信頼できそうだ」と思ってもらえます。ビジネスの一線で活躍する英語話者は「相手の話す英語のレベルや単語の取捨選択」で信頼度合いを判断することは珍しくありません。これは僕の経験からも断言できることです。
2微妙なニュアンスの違いを表現できて「伝わる英語」が手に入る
例えば、No.3productに出てくる相性動詞を紹介しましょう。「市場に商品を出す、売り出す」という時に、こういったパターンが考えられます。

一般的な表現→sell a product
相性動詞+product→ market a product
このときsellを使ってももちろん間違いではありません。ただsellだと、「お金と商品を交換する」という単純な行為を表しているので、ビジネスシーンで商品にかけたプロセスや意気込みも表現したい場合は、他の動詞を使えると効果的です。一方で相性動詞のmarketを使うと、「製品を市場に出すにあたり、ネーミングを決め、ターゲットを決めて、そして市場に出す」という、ビジネスシーンにおいて周到なプロセスが含まれます。market1語で、ここまで広いニュアンスを盛り込めるのです。商品開発の社内会議やプレゼンの場で、こういった相性動詞を盛り込むことができたらご自身の伝えたい思いやニュアンスをより生き生きと相手に伝えることができるでしょう。
塚本亮

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP

CONTENTS

はじめに
音声ファイルダウンロード
How to Use this Book
重要な相性動詞
塚本4methods
ビジネス英語で話す力を加速させる重要[相性動詞+名詞]50
No.1Standard
PICK-UP相性動詞「基準を作る」
establish/draw up/layd own etc
No.2Advice
PICK-UP相性動詞「アドバイスをする」
proffer/passon/hand out etc
No.3Product
PICK-UP相性動詞「製品を売る」
launch/market/bring etc
No.4Success
PICK-UP相性動詞「成功を収める」
win/relish in/enjoy etc
No.5Customer
PICK-UP相性動詞「客を獲得する」
reelin/woo/drumup etc
No.6Strategy
PICK-UP相性動詞「戦略を立てる」
chart map out/hammer out/elaborate etc
No.7Market
PICK-UP相性動詞「マーケットに参入する」
break into/tap into/invent[create]) etc
No.8Progress
PICK-UP相性動詞「進歩する」
facilitate/further/yield etc
No.9Information
PICK-UP相性動詞「情報を集める」
aggregate/compile/glean etc

No.10Competition
PICK-UP相性動詞「競争へ参加する」
enter into/participate in/encounter etc
No.11Perspective
PICK-UP相性動詞「視点「見解]を提供する」
suggest/express/share etc
No.12Benefit
PICK-UP相性動詞「利益「恩恵]を得る」
enjoy/reap/obtain etc
No.13Priority
PICK-UP相性動詞「優先する」
place/put/assign etc
No.14Plan
PICK-UP相性動詞「計画を作成する」
prepare/workout/drawup etc
No.15Attempt
PICK-UP相性動詞「~する試みをやめる」
abandon/undermine/shatter etc
No.16Conclusion
PICK-UP相性動詞「結論を出す」
arrive at come to/reach/jump(leap)to/derive etc
No.17Attention
PICK-UP相性動詞「注意を集める/引く」
draw/win/garner etc
No.18Efficiency
PICK-UP相性動詞「効率を高める」
promote/raise/boost[enhance etc] No.19Expertise
PICK-UP相性動詞「専門知識[技術]を持つ/身につける」
build/build on/accumulate etc
No.20Measure
PICK-UP相性動詞「策を講じる」
carryout/implement/adopt etc

No.21Responsibility
PICK-UP相性動詞「責任を負う/持っている」
shoulder/bear/undertake etc
No.22Awareness
PICK-UP相性動詞「認識を高める」
heighten/boost/propagatespread) etc
No.23Decision
PICK-UP相性動詞「決断を受け入れる」
reinforce/justify/back etc
No.24Profit
PICK-UP相性動詞「利益を出す」
eke out/reap/wring etc
No.25Risk
PICK-UP相性動詞「リスクを負う」
incur/take on/bear etc
No.26Task
PICK-UP相性動詞「仕事をやり抜く」
handle/get through accomplish]/pull off etc
No.27Service
PICK-UP相性動詞「サービスを提供する」
offer/perform/sell etc
No.28Knowledge
PICK-UP相性動詞「知識を得る」
acquire/absorb/extract etc
No.29Ability
PICK-UP相性動詞「能力を高める」
cultivate/bolster boost]/foster etc
No.30Future
PICK-UP相性動詞「未来を予見する」
envision/foresee/anticipate etc

No.31Value
PICK-UP相性動詞「~の価値を高める」
enhance/reinforce/enrich etc
No.32Contract
PICK-UP相性動詞「契約を結ぶ/とる」
enter into/sign seal/closes/conclude etc
No.33Partnership
PICK-UP相性動詞「パートナーシップを築く」
forge/golenter/into/establish[setup] etc
No.34Expectation
PICK-UP相性動詞「期待に応える」
live up to/satisfy/address etc
No.35Negotiation
PICK-UP相性動詞「交渉を開始する」
initiate/launch/enterinto etc
No.36Consequence
PICK-UP相性動詞「結果を評価する/考える」
evaluate/assess/analyze etc
No.37Investment
PICK-UP相性動詞「投資を増やす、減らす」
beef up/pare/curb etc
No.38Project
PICK-UP相性動詞「プロジェクトに着手する」
embarkon/tackle/undertake etc
No.39Reputation
PICK-UP相性動詞「評判を高める」
consolidate/cultivate/polish etc
No.40Strength
PICK-UP相性動詞「強みを生かす/頼る」
harness/depend[relyon)/leverage etc

No.41Company
PICK-UP相性動詞「会社を経営する」
administer/manage/lead etc…
No.42Opportunity
PICK-UP相性動詞「機会を得る」
capture/grab/exploit etc…
No.43Target
PICK-UP相性動詞「目標を達成する」
reach/meet/hit etc…
No.44Budget
PICK-UP相性動詞「予算を作成する/編成する」
set a side/draft(draw up]/workout etc
No.45Impression
PICK-UP相性動詞「印象を与える」
convey/provides give off/create generate/ etc
No.46Proposal
PICK-UP相性動詞「提案する」
present/submit/put forward[bring forward) etc
No.47Effort
PICK-UP相性動詞「努力を払う」
exert/put forth/pour etc
No.48Growth
PICK-UP相性動詞「成長を妨げる」
contain/inhibit[curb]/stunt etc
No.49Fact
PICK-UP相性動詞「事実を明らかにする」
disclose/clarify/uncover etc
No.50Relationship
PICK-UP相性動詞「関係を築く」
form/forge/cement etc
おわりに

付属CDと同内容の「音声ファイル」が無料でダウンロードできます!
1PC・スマートフォンで音声ダウンロード用のサイトにアクセスします。
QRコード読み取りアプリを起動し下のQRコードを読み取ってください。

QRコードが読み取れない方はブラウザから「http://audiobook.jp/exchange/sanshusha」にアクセスしてください。
※これ以外のURLからアクセスされますと、無料のダウンロードサービスをご利用いただくことができませんのでご注意ください。
※URLは「www」等の文字を含めず、正確にご入力ください。
2色表示されたページから、audiobook.jpへの会員登録ページに進みます。
※音声のダウンロードには、audiobook.jpへの会員登録(無料)が必要です。
※既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。
3会員登録後のページに再度アクセスし、シリアルコードの入力欄に「81087」を入力して「送信」をクリックします。
4「ライブラリに追加」のボタンをクリックします。
5スマートフォンの場合はアプリ「audiobook.jp」をインストールしてご利用ください。PCの場合は、「ライブラリ」から音声ファイルをダウンロードしてご利用ください。

<ご注意>
・ダウンロードには、audiobook.jpへの会員登録(無料)が必要です。
・PCからでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンからでも音声を再生いただけます。
・音声は何度でもダウンロード・再生いただくことができます。
・書籍に表示されているURL以外からアクセスされますと、音声をご利用いただけません。URLの入力間違いにご注意ください。
・ダウンロードについてのお問い合わせ先:info@febe.jp(受付時間:平日の10-20時)

How to Use this Book

Aビジネスで信頼され、伝わる英語になるための50の「相性動詞+名詞」を紹介しています。左上にあるmethodは1~4まであります。(→参照。)で紹介しているより身につく学習ステップ4つの「塚本4methods」に則って本書もページが続いています。
B「短文スピーキング」です。10通りの「相性動詞+名詞」のセンテンスをインプットしていきます。またCDには4か国語で(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ)収録されています。
C特に重要な3つの「相性動詞+名詞」の組み合わせについて、イラスト付きで解説しています。文字情報だけではなく、視覚情報を加えることで五感が刺激されていくと、人間の脳は記憶が定着しやすくなります。イラストを最大限に活用してください。

DCで紹介した組み合わせ以外でも重要な組み合わせを紹介しています。ページによっては「相性形容詞」も掲載しています。より使いやすくイメージを持てるように解説も加えています。
EF「長文スピーキング」です。ここではスピーチ(モノローグ)と会話の2パターンを掲載し、実際のビジネス現場で「相性動詞+名詞」がどう使われるのか掴めるようになっています。声に出してトレーニングを繰り返せば、自然な組み合わせ表現が口をついて出るようになってきます。また本書に出てくるすべての英文は、ネイティブ校閲者と塚本氏が話し合いを何度も重ね完成させたものです。ネイティブ校閲者のブルック氏は、企業内で英語研修や文書のコンサルを行っていた経験を活かし、本書の英文制作に協力してくださいました。したがって、本書の英文は「アメリカやヨーロッパ、中国など、グローバルな現場でアウトプットするのに遜色ない良質な英語」です。ネットやYouTubeからいくらでも英文を引き出せる時代です。

そういった時代にわざわざ本を買って勉強してくださる皆さんのモチベーションに答えるべく「英文の質」にもこだわり抜きました。全部で50ユニットですので、「短文スピーキング」500センテンスと「長文スピーキング」100本がそろっています。これ1冊を継続して取り組めば、世界のどこに行っても相手を唸らせる英語のスピーキングスキルが身につくはずです!

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP

目次 – 世界のエリートを唸らせる 話すビジネス英語

相性動詞を使おう

ビジネスで頻繁に使う50個の名詞ごとに、相性動詞が紹介されています。「相性動詞」とは、動詞+名詞の適切な組み合わせのことです。適切な表現を使いこなすことで、ビジネスで信頼を得ることができます。会話だけでなく、メールのやりとりにも役に立ちます。

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP

はじめに

■あなたは「基本名詞」を使いこなせているか?
本書ではビジネスの現場でネイティブが頻繁に使う名詞を50個厳選して紹介しています。突然ですが、目次をざっと見てください。50個の名詞を見てどう感じられますか?「target, benefit, successなど、どれも簡単な単語ばかりで、仕事場で使っているものばかりだ」と感じられたかもしれません。
確かに厳選した名詞の中には基本的なものが多く含まれます。でも、本当に「これらの基本名詞を適切な形で使いこなしている」と自信を持って言えますか?
英語は「組み合わせ」が大好きな言語ここでこれらの名詞がどう使われるのか、少し考えてみましょう。センテンスの中で使われるとき、Offerserviceのように大抵は「動詞+名詞」の組み合わせで使われますね。この「組み合わせ」が英語では特に重要で、ネイティブスピーカーの英語は「組み合わせ」だらけで

■自己流の「組み合わせ」は危険である
義務教育や英会話学校の教育では見落とされがちなのですが、実のところ「組み合わせ」を作る時に、やみくもに知っている動詞と名詞を組み合わせているのであれば、その英語はネイティブにとって不自然な可能性が高いです。まったく意味をなさずにネイティブが固まってしまう「組み合わせ」はもちろん問題です。でも僕がもっと怖いと感じるのは、「何となく通じてしまっている自己流の「組み合わせ」」。ランダムに組み合わせてとりあえず通じているかもしれませんが、実は、相手に失礼なニュアンスを伝えていたり、ちぐはぐな印象を与えている場合が多々あるのです。

■「相性動詞」とは何なのか?「相性動詞+名詞」をどんどん使おう
では、どうすればいいのか?名詞には、相性のいい動詞がいくつか存在し、ネイティブは会話の中で「動詞+名詞」の形で自然に組み合わせて使っています。この名詞と相性がいい動詞を本書では「相性動詞」と命名しています。ネイティブであれば経験から「相性動詞+名詞」を自由自在に使いこなせますが、私たち非ネイティブがネイティブの自然なパターンを使いこなせるようになるには、方法はただひとつ。「相性動詞+名詞」のパターンを大量にインプットしたうえで、アウトプットする練習をするしかありません。
「相性動詞」を使えば、あなたの英語とビジネス
が変わる「相性動詞+名詞」のパターンを身につけていくと、

■どういうメリットがあるでしょうか?
メリット
1信頼を得られ、ビジネスが加速する
まず、相手からの信頼感が得られやすく、結果、ビジネスを円滑に進めやすくなります。適当な組み合わせで話すのと、ネイティブが使いこなしている相性動詞の「組み合わせ」で話すのでは差は歴然です。ネイティブや他のネイティブレベルの英語話者から「この人はわかっているな、話が通じるな、信頼できそうだ」と思ってもらえます。ビジネスの一線で活躍する英語話者は「相手の話す英語のレベルや単語の取捨選択」で信頼度合いを判断することは珍しくありません。これは僕の経験からも断言できることです。
2微妙なニュアンスの違いを表現できて「伝わる英語」が手に入る
例えば、No.3productに出てくる相性動詞を紹介しましょう。「市場に商品を出す、売り出す」という時に、こういったパターンが考えられます。

一般的な表現→sell a product
相性動詞+product→ market a product
このときsellを使ってももちろん間違いではありません。ただsellだと、「お金と商品を交換する」という単純な行為を表しているので、ビジネスシーンで商品にかけたプロセスや意気込みも表現したい場合は、他の動詞を使えると効果的です。一方で相性動詞のmarketを使うと、「製品を市場に出すにあたり、ネーミングを決め、ターゲットを決めて、そして市場に出す」という、ビジネスシーンにおいて周到なプロセスが含まれます。market1語で、ここまで広いニュアンスを盛り込めるのです。商品開発の社内会議やプレゼンの場で、こういった相性動詞を盛り込むことができたらご自身の伝えたい思いやニュアンスをより生き生きと相手に伝えることができるでしょう。
塚本亮

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP

CONTENTS

はじめに
音声ファイルダウンロード
How to Use this Book
重要な相性動詞
塚本4methods
ビジネス英語で話す力を加速させる重要[相性動詞+名詞]50
No.1Standard
PICK-UP相性動詞「基準を作る」
establish/draw up/layd own etc
No.2Advice
PICK-UP相性動詞「アドバイスをする」
proffer/passon/hand out etc
No.3Product
PICK-UP相性動詞「製品を売る」
launch/market/bring etc
No.4Success
PICK-UP相性動詞「成功を収める」
win/relish in/enjoy etc
No.5Customer
PICK-UP相性動詞「客を獲得する」
reelin/woo/drumup etc
No.6Strategy
PICK-UP相性動詞「戦略を立てる」
chart map out/hammer out/elaborate etc
No.7Market
PICK-UP相性動詞「マーケットに参入する」
break into/tap into/invent[create]) etc
No.8Progress
PICK-UP相性動詞「進歩する」
facilitate/further/yield etc
No.9Information
PICK-UP相性動詞「情報を集める」
aggregate/compile/glean etc

No.10Competition
PICK-UP相性動詞「競争へ参加する」
enter into/participate in/encounter etc
No.11Perspective
PICK-UP相性動詞「視点「見解]を提供する」
suggest/express/share etc
No.12Benefit
PICK-UP相性動詞「利益「恩恵]を得る」
enjoy/reap/obtain etc
No.13Priority
PICK-UP相性動詞「優先する」
place/put/assign etc
No.14Plan
PICK-UP相性動詞「計画を作成する」
prepare/workout/drawup etc
No.15Attempt
PICK-UP相性動詞「~する試みをやめる」
abandon/undermine/shatter etc
No.16Conclusion
PICK-UP相性動詞「結論を出す」
arrive at come to/reach/jump(leap)to/derive etc
No.17Attention
PICK-UP相性動詞「注意を集める/引く」
draw/win/garner etc
No.18Efficiency
PICK-UP相性動詞「効率を高める」
promote/raise/boost[enhance etc] No.19Expertise
PICK-UP相性動詞「専門知識[技術]を持つ/身につける」
build/build on/accumulate etc
No.20Measure
PICK-UP相性動詞「策を講じる」
carryout/implement/adopt etc

No.21Responsibility
PICK-UP相性動詞「責任を負う/持っている」
shoulder/bear/undertake etc
No.22Awareness
PICK-UP相性動詞「認識を高める」
heighten/boost/propagatespread) etc
No.23Decision
PICK-UP相性動詞「決断を受け入れる」
reinforce/justify/back etc
No.24Profit
PICK-UP相性動詞「利益を出す」
eke out/reap/wring etc
No.25Risk
PICK-UP相性動詞「リスクを負う」
incur/take on/bear etc
No.26Task
PICK-UP相性動詞「仕事をやり抜く」
handle/get through accomplish]/pull off etc
No.27Service
PICK-UP相性動詞「サービスを提供する」
offer/perform/sell etc
No.28Knowledge
PICK-UP相性動詞「知識を得る」
acquire/absorb/extract etc
No.29Ability
PICK-UP相性動詞「能力を高める」
cultivate/bolster boost]/foster etc
No.30Future
PICK-UP相性動詞「未来を予見する」
envision/foresee/anticipate etc

No.31Value
PICK-UP相性動詞「~の価値を高める」
enhance/reinforce/enrich etc
No.32Contract
PICK-UP相性動詞「契約を結ぶ/とる」
enter into/sign seal/closes/conclude etc
No.33Partnership
PICK-UP相性動詞「パートナーシップを築く」
forge/golenter/into/establish[setup] etc
No.34Expectation
PICK-UP相性動詞「期待に応える」
live up to/satisfy/address etc
No.35Negotiation
PICK-UP相性動詞「交渉を開始する」
initiate/launch/enterinto etc
No.36Consequence
PICK-UP相性動詞「結果を評価する/考える」
evaluate/assess/analyze etc
No.37Investment
PICK-UP相性動詞「投資を増やす、減らす」
beef up/pare/curb etc
No.38Project
PICK-UP相性動詞「プロジェクトに着手する」
embarkon/tackle/undertake etc
No.39Reputation
PICK-UP相性動詞「評判を高める」
consolidate/cultivate/polish etc
No.40Strength
PICK-UP相性動詞「強みを生かす/頼る」
harness/depend[relyon)/leverage etc

No.41Company
PICK-UP相性動詞「会社を経営する」
administer/manage/lead etc…
No.42Opportunity
PICK-UP相性動詞「機会を得る」
capture/grab/exploit etc…
No.43Target
PICK-UP相性動詞「目標を達成する」
reach/meet/hit etc…
No.44Budget
PICK-UP相性動詞「予算を作成する/編成する」
set a side/draft(draw up]/workout etc
No.45Impression
PICK-UP相性動詞「印象を与える」
convey/provides give off/create generate/ etc
No.46Proposal
PICK-UP相性動詞「提案する」
present/submit/put forward[bring forward) etc
No.47Effort
PICK-UP相性動詞「努力を払う」
exert/put forth/pour etc
No.48Growth
PICK-UP相性動詞「成長を妨げる」
contain/inhibit[curb]/stunt etc
No.49Fact
PICK-UP相性動詞「事実を明らかにする」
disclose/clarify/uncover etc
No.50Relationship
PICK-UP相性動詞「関係を築く」
form/forge/cement etc
おわりに

付属CDと同内容の「音声ファイル」が無料でダウンロードできます!
1PC・スマートフォンで音声ダウンロード用のサイトにアクセスします。
QRコード読み取りアプリを起動し下のQRコードを読み取ってください。

QRコードが読み取れない方はブラウザから「http://audiobook.jp/exchange/sanshusha」にアクセスしてください。
※これ以外のURLからアクセスされますと、無料のダウンロードサービスをご利用いただくことができませんのでご注意ください。
※URLは「www」等の文字を含めず、正確にご入力ください。
2色表示されたページから、audiobook.jpへの会員登録ページに進みます。
※音声のダウンロードには、audiobook.jpへの会員登録(無料)が必要です。
※既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。
3会員登録後のページに再度アクセスし、シリアルコードの入力欄に「81087」を入力して「送信」をクリックします。
4「ライブラリに追加」のボタンをクリックします。
5スマートフォンの場合はアプリ「audiobook.jp」をインストールしてご利用ください。PCの場合は、「ライブラリ」から音声ファイルをダウンロードしてご利用ください。

<ご注意>
・ダウンロードには、audiobook.jpへの会員登録(無料)が必要です。
・PCからでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンからでも音声を再生いただけます。
・音声は何度でもダウンロード・再生いただくことができます。
・書籍に表示されているURL以外からアクセスされますと、音声をご利用いただけません。URLの入力間違いにご注意ください。
・ダウンロードについてのお問い合わせ先:info@febe.jp(受付時間:平日の10-20時)

How to Use this Book

Aビジネスで信頼され、伝わる英語になるための50の「相性動詞+名詞」を紹介しています。左上にあるmethodは1~4まであります。(→参照。)で紹介しているより身につく学習ステップ4つの「塚本4methods」に則って本書もページが続いています。
B「短文スピーキング」です。10通りの「相性動詞+名詞」のセンテンスをインプットしていきます。またCDには4か国語で(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ)収録されています。
C特に重要な3つの「相性動詞+名詞」の組み合わせについて、イラスト付きで解説しています。文字情報だけではなく、視覚情報を加えることで五感が刺激されていくと、人間の脳は記憶が定着しやすくなります。イラストを最大限に活用してください。

DCで紹介した組み合わせ以外でも重要な組み合わせを紹介しています。ページによっては「相性形容詞」も掲載しています。より使いやすくイメージを持てるように解説も加えています。
EF「長文スピーキング」です。ここではスピーチ(モノローグ)と会話の2パターンを掲載し、実際のビジネス現場で「相性動詞+名詞」がどう使われるのか掴めるようになっています。声に出してトレーニングを繰り返せば、自然な組み合わせ表現が口をついて出るようになってきます。また本書に出てくるすべての英文は、ネイティブ校閲者と塚本氏が話し合いを何度も重ね完成させたものです。ネイティブ校閲者のブルック氏は、企業内で英語研修や文書のコンサルを行っていた経験を活かし、本書の英文制作に協力してくださいました。したがって、本書の英文は「アメリカやヨーロッパ、中国など、グローバルな現場でアウトプットするのに遜色ない良質な英語」です。ネットやYouTubeからいくらでも英文を引き出せる時代です。

そういった時代にわざわざ本を買って勉強してくださる皆さんのモチベーションに答えるべく「英文の質」にもこだわり抜きました。全部で50ユニットですので、「短文スピーキング」500センテンスと「長文スピーキング」100本がそろっています。これ1冊を継続して取り組めば、世界のどこに行っても相手を唸らせる英語のスピーキングスキルが身につくはずです!

塚本 亮 (著)
出版社: 三修社 (2018/9/30)、出典:出版社HP