格安航空でも大西洋を横断できちゃう!? ジェットブルー航空が新サービスの開始を発表【今週の英文記事】

 


 

2021年からボストンとロンドン間の運行が開始

英語の4技能の1つであるリーディング(読む)のスキルを上げるためには、英語の長文を読むトレーニングを行う必要があります。専用のテキストなどを使って読むよりも、英字新聞を読むほうがより手軽にトレーニングに取り組むことができます。また、専用テキストと異なり、国際情勢や経済の動きなどにも詳しくなれます。ビジネスニュースに目を通せば、職場での会話や商談にも活かすことができます。

今回のトピックは、BBCからピックアップしたアメリカの格安航空会社、ジェットブルー航空についての記事です。2021年に格安航空がボストンからロンドンへのフライトを開始するとのことです。一体、どういうことか見てみましょう。

US airline JetBlue has announced that it will launch its first transatlantic services in 2021, with flights from New York and Boston to London.

The 20-year-old company says the transatlantic market suffers from poor competition and high fares, especially in the premium category.

It will be JetBlue’s first foray into Europe – it currently operates in the US, the Caribbean and Latin America. The airline has not yet decided which London airports it will serve.

JetBlue president Joanna Geraghty said: “Twenty years ago, our founders had a simple formula for choosing a new market, it had to be overpriced, underserved, or both.

London is the largest metro area JetBlue doesn’t yet serve from both Boston and New York and we could not be more thrilled to be changing that in the years ahead.

JetBlue will be using Airbus A321LR single-aisle aircraft on the routes.

【日本語訳】

米国の航空会社であるジェットブルー航空は、2021年より最初のニューヨークとボストンからロンドンへの大西洋を横断する飛行便を開始すると発表しました。

この設立して20年の会社は、大西洋横断の(航空)市場は、特にプレミアムカテゴリーの中で、市場競争の低さと高い運賃に悩まされていると言います。

ジェットブルー航空は、現在、アメリカとカリブ諸島、ラテンアメリカ諸国で運行されており、それ(進出)はジェットブルー航空によって初のヨーロッパ進出となります。ジェットブルー航空は、ロンドンのどの空港を使うかまだ決めていません。

ジェットブルー航空のジョアンナ・ジェラティ社長は、「20年前、我々の創業者達は新しい市場を選ぶための簡単な公式を作りました。それは割高な値段である場合やサービスが行き届いていない場合、または両方の場合です」と述べました。

ロンドンは、まだジェットブルー航空がボストンとニューヨークからサービスを提供していない最大都市であり、今後数年間で変えることにこれ以上ない嬉しさを感じています。

ジェットブルー航空は、路線でエアバスA321LR単通路機を使用する予定です。

訳と照らし合わせて読む (1〜3文ごとに訳が書かれています)
US airline JetBlue has announced that it will launch its first transatlantic services in 2021, with flights from New York and Boston to London.

米国の航空会社であるジェットブルー航空は、2021年より最初のニューヨークとボストンからロンドンへの大西洋を横断する飛行便を開始すると発表しました。

The 20-year-old company says the transatlantic market suffers from poor competition and high fares, especially in the premium category.

この設立して20年の会社は、大西洋横断の(航空)市場は、特にプレミアムカテゴリーの中で、市場競争の低さと高い運賃に悩まされていると言います。

It will be JetBlue’s first foray into Europe – it currently operates in the US, the Caribbean and Latin America. The airline has not yet decided which London airports it will serve.

ジェットブルー航空は、現在、アメリカとカリブ諸島、ラテンアメリカ諸国で運行されており、それ(進出)はジェットブルー航空によって初のヨーロッパ進出となります。ジェットブルー航空は、ロンドンのどの空港を使うかまだ決めていません。

JetBlue president Joanna Geraghty said: “Twenty years ago, our founders had a simple formula for choosing a new market, it had to be overpriced, underserved, or both.

ジェットブルー航空のジョアンナ・ジェラティ社長は、「20年前、我々の創業者達は新しい市場を選ぶための簡単な公式を作りました。それは割高な値段である場合やサービスが行き届いていない場合、または両方の場合です」と述べました。

“London is the largest metro area JetBlue doesn’t yet serve from both Boston and New York and we could not be more thrilled to be changing that in the years ahead.

「ロンドンは、まだジェットブルー航空がボストンとニューヨークからサービスを提供していない最大都市であり、今後数年間で変えることにこれ以上ない嬉しさを感じています。

JetBlue will be using Airbus A321LR single-aisle aircraft on the routes.

ジェットブルー航空は、路線でエアバスA321LR単通路機を使用する予定です。

今回のニュースは144語で構成されています。格安航空が欧米間を直通運行するようになれば、より安く簡単に旅行や仕事で行き来することができるようになるでしょう。私たちにとってジェットブルー航空は身近な航空会社ではありませんが、旅行や仕事で欧米に行った時に見かけることがあるでしょう。下記の重要単語とともに覚えておきましょう。来週のニュースもお楽しみに!

【重要用語】

transatlantic:大西洋横断の
especially:特に
formula:方式
overprice:〜に高値をつけすぎる
thrill:スリル
fare:運賃