改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 800【新形式問題対応/CD-ROM付】

 


 

英語は聞いて覚える! – TOEIC800

本書は、TOEICのための単語帳で、TOEICでスコア800を取るために必要な単語を網羅しています。また、1回の学習語彙が16語に設定されているため、時間のない人でも無理せず続けることができます。センテンスの音声には、4カ国の発音が収録されているので、TOEICのリスニング練習にも最適です。

Preface

「キクタン」は「聞いて覚える英単語」
800点突破に必要な単語・熟語力に加えリスニング力も同時に身につきます!
センテンス部に日本語音声を追加!
800点超えの語彙力を1日わずか16見出し、10週間で完全マスター!

本書は、2016年刊行の「改訂版キクタンTOEIC®TESTSCORE800」の新装版です。旧版からの最大の変更点の1つは、センテンス部への日本語音声の追加です。これにより、日本語音声⇒英語音声の順で、耳から学習ができるようになりました。

本書では、これまでのTOEIC本試験のデータに加え、TOEICの公式問題・模擬試験データを徹底的に分析。さらに、出題傾向に合わせて、見出し語を頻度順に並べているので、800点に必要な語彙力が必修に学べます。

こうして選ばれた見出し語の実用性と、見出し順の有効性を裏づけるのが、膨大な数の書き言葉と話し言葉を集めたデータベース、「コーパス」です。本書では、TOEICの本試験・公式問題・模擬試験に加え、コーパスデータの分析結果も参考にしていますので、800点突破に必要な語彙を、ムリなく・ムダなく身につけることができます。

米英2カ国発音のチャンツ、米英加豪の4カ国発音のセンテンス部が、音声ダウンロード形式化でさらに手軽に学習できる!
旧版からのもう1つの大きな変更点は、音声ダウンロード形式化です。パソコンまたはスマートフォンで手軽に学習することができます。
TOEICのリスニングセクションでは、2006年の改訂以降、アメリカ英語だけでなく、イギリス、カナダ、オーストラリア各国の英語も使われています。本書では、これら4カ国の英語を収録することで、語彙力だけでなく、リスニング力も同時に身につけることを目指しています。

音楽のリズムに乗りながら語彙学習ができる「チャンツ」では、アメリカ英語とイギリス英語が一緒に収録されています。また、センテンス部の英語音声として、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの4カ国発音を収録。聞き流すうちに各国英語に慣れていきますので、本試験のリスニング対策にもなります。本書で身につけた語彙力・リスニング力を基に、皆さんが世界に羽ばたいていくことを、心から祈っています。

一杉 武史 (著)
出版社: アルク; 改訂版 (2016/6/29)、出典:出版社HP

Contents

1日16単語・熟語×10週間でTOEIC800点突破の1120単語・熟語をマスター!
Preface
本書の4大特長
本書とダウンロード音声の利用法
Index

Chapter1
名詞:超必修192
Day1【名詞1】
Day2【名詞2】
Day3【名詞3】
Day4【名詞4】
Day5【名詞5】
Day6【名詞6】
Day7【名詞7】
Day8【名詞8】
Day9【名詞9】
Day10【名詞10】
Day11【名詞11】
Day12【名詞12】

Chapter2
動詞:超必修96
Day13【動詞1】
Day14【動員2】
Day15【動詞3】
Day16【動詞4】
Day17【動詞5】
Day18【動詞6】

Chapter3
形容詞:超必修96
Day19【形容詞1】
Day20【形容詞2】
Day21【形容詞3】
Day22【形容詞4】
Day23【形容詞5】
Day24【形容詞6】

Chapter4
名詞:必修192
Day25【名詞13】
Day26【名詞14】
Day27【名詞15】
Day28【名詞16】
Day29【名詞17】
Day30【名詞18】
Day31【名詞19】
Day32【名詞20】
Day33【名詞21】
Day34【名詞22] Day35【名詞23】
Day36【名詞24】

Chapter5
動詞:必修96
Day37【動詞7】
Day38【動詞8】
Day39【動詞9】
Day40【動詞10】
Day41【動詞11】
Day42【動同12】

Chapter6
形容詞:必修96
Day43【形容詞7】
Day44【形容詞8】
Day45【形容詞9】
Day46【形容詞10】
Day47【形容詞11】
Day48【形容詞12】

Chapter7
副詞:必修48
Day49【副詞1】
Day50【副詞2】
Day51【副詞3】

Chapter8
動詞句
Day52【動詞句1】「動詞+副詞[前置詞]」型1
Day53【動詞句2】「動詞+副詞[前置詞]」型2
Day54【動詞句3】「動詞+副詞[前置詞]」型3
Day55【動詞句4】「動詞+副詞[前置詞]」型4
Day56【動詞句5】「動詞+副詞[前置詞]」型5
Day57【動詞句6】「動詞+A+前置詞+B」型1
Day58【動詞句7】「動詞+A+前置詞+B」型2
Day59【動詞句8】「動詞+A+前置詞+B」型3
Day60【動詞句9】「動詞+to do[doing]」型1
Day61【動詞句10】「動詞+to do[doing]」型2
Day62【動詞句11】「動詞+A+ to do[from doing]」型
Day63【動詞句12】「be動詞+形容詞+前置詞」型1
Day64【動詞句13】「be動詞+形容詞+前置詞」型2
Day65【動詞句14】「be動詞+形容詞+to do」型
Day66【動詞句15】その他

Chapter9形容詞句·副詞句
Day67【形容詞句·副詞句1】
Day68【形容詞句·副詞句2】
Day69【形容詞句·副詞句3】

Chapter10
群前置詞
Day70【群前置詞】

【記号説明】
・MP3-001:「ダウンロード音声のトラック1を呼び出してください」という意味です。
・発音記号横のイ:イギリス英語の発音を表します。米英で発音が大きく異なる語についています。
・名 動 形 副 前 接 間:順に、名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、問投詞を表します。
・見出し中の[]:言い換え可能を表します。
・見出し中の():省略可能を表します。
・見出し中のA、B:語句(主に名詞・代名詞)が入ることを表します。
・見出し中のbe: be動詞が入ることを表します。
・be動詞は主語の人称・時制によって変化します。
・見出し中のdo:動詞が入ることを表します。
・見出し中のdoing:動名詞が入ることを表します。
・見出し中のoneself:再帰代名詞が入ることを表します。主語によって再帰代名詞は異なります。
・見出し中のone’s:名詞・代名詞の所有格が入ることを表します。
・見出し中の「~」:節(主語+動詞)が入ることを表します。
・見出し下の「Part~」:該当するTOEICのPartで登場する可能性が高い単語・熟語を表します。
・定義中の():補足説明を表します。
・定義中の[]:言い換えを表します。
・O:発音、アクセント、定義に注意すべき単語についています。
・O:補足説明を表します。
・≠:同意・類義語[熟語]を表します。
・⇔:反意・反対語[熟語]を表します。

一杉 武史 (著)
出版社: アルク; 改訂版 (2016/6/29)、出典:出版社HP

だから「ゼッタイに覚えられる」! 本書の4大特長

『キクタンTOEICL&RテストSCORE800」では、TOEICの本試験・公式問題・模擬試験データと最新の語彙研究の成果であるコーパスを基に収録単語・熟語を厳選していますので、「TOEICに出る」「日常生活で使える」ものばかりです。その上で「いかに効率的に単語・熟語を定着させるか」このことを本書は最も重視しました。ここでは、なぜ「出る・使える」のか、そしてなぜ「覚えられる」のかに関して、本書の特長をご紹介します。

1本試験・公式問題さらにコーパスデータを徹底分析!
だから
TOEICに出る!日常生活で使える!
TOEICのための単語・熟語集である限り、「TOEICに出る」のは当然——。本書の目標は、そこから「実用英語」に対応できる単語・熟語力をいかに身につけてもらうかにあります。見出し語・熟語の選定にあたっては、TOEICの本試験・公式問題・模擬試験のデータに加え、最新の語彙研究から生まれたコーパス*のデータを徹底的に分析。日標スコアに到達するだけでなく、将来英語を使って世界で活躍するための土台となる単語・熟語が選ばれています。

2「目」だけでなく「耳」と「口」までもフル活用して覚える!
だから
「聞く単(キクタン)」!しっかり身につく!
「読む」だけでは、言葉は決して身につきません。私たちが日本語を習得できたのは、小さいころから日本語を繰り返し「聞いて・口に出して」きたからこの「当たり前のこと」を忘れてはいけません。本書では、音楽のリズムに乗りながら単語・熟語の学習ができる「チャンツ」を用意。「目」と「耳」から同時に単語・熟語をインプットし、さらに「ロ」に出していきますので、「覚えられない」不安を一発解消。読解・聴解力もダブルアップします。

3 1日16見出し×10週間、10のチャプターの「スケジュール学習」!
だから
ムリなくマスターできる!
「継続は力なり」、とは分かっていても、続けるのは大変なことです。では、なぜ「大変」なのか?それは、覚えきれないほどの量の単語や熟語をムリに詰め込もうとするからです。本書では、「ゼッタイに覚える」ことを前提に、1日の学習量をあえて16見出しに抑えています。さらに、単語は品詞ごとに「頻度順」に、熟語は「表現型別」に、計10のチャプターに分けていますので、効率的・効果的に学習単語・熟語をマスターできます。

4 1日最短2分、最長でも8分の3つの「モード学習」!
だから
挫折することなく最後まで続けられる!
今まで単語集や熟語集を手にしたときに、「1日でどこからどこまでやればいいのだろう?」と思ったことはありませんか?見出し語・熟語、フレーズ、例文……1度に目を通すのは、忙しいときには難しいものです。本書は、Check1(単語・熟語+定義)→Check2(フレーズ)→Check3(センテンス)と、3つのポイントごとに学習できる「モード学習」を用意。生活スタイルやその日の忙しさに合わせて学習量を調整できます。
*コーパス:実際に話されたり書かれたりした言葉を大量に収集した「言語テキスト・データベース」のこと。コーパスを分析すると、どんな単語・熟語がどのくらいの頻度で使われるのか、といったことを客観的に調べられるので、辞書の編さんの際などに活用されている。

生活スタイルに合わせて選べる
Check1>2>3の「モード学習」
本書とダウンロード音声の利用法
1日の学習量は、学習単語・熟語数で16となっています。1つの見出し語・熟語につき、定義を学ぶ「Check1」、フレーズ中で単語・熟語を学ぶ「Check2」、センテンス中で学ぶ「Check3」の3つの「モード学習」が用意されています。まずは、該当のトラックを呼び出して、「チャンツ音楽」のリズムに乗りながら見出し語・熟語と定義を「耳」と「目」で押さえましょう。時間に余裕がある人は、Check2とCheck3にもトライ!

Check1
該当のトラックを呼び出して、「アメリカ英語→日本語→イギリス英語」の順に収録されている「チャンツ音楽」で見出し語・熟語とその意味をチェック。時間に余裕がある人は、太字以外の定義も押さえておきましょう。

Check2
Check1で「見出し語・熟語→定義」を押さえたら、その単語・熟語が含まれているフレーズをチェック。フレーズレベルで使用例を確認することで、単語・熟語の定着度が高まります(センテンスが入っているDayもあります)。

Check3
Check2のフレーズから、Check3ではセンテンスへ、仕事などですぐに使える実践的な例で学びます。該当のトラックで音声をチェックすれば、定着度はさらにアップします。音声は「日本語→英語」の順で、英語は米→加→英→豪英語の順で収録されています(一部を除く)。

見出し語・熟語
1日の学習単語・熟語数は16です。チャンツでは上から順に単語・熟語が登場します。

定義
見出し語・熟語の定義が掲載されています。単語・熟語によっては複数の意味があるので、第1義以外の定義もなるべく覚えるようにしましょう。

Quick Review
前日に学習した単語・熟語のチェックリストです。時間に余裕があるときは、該当のトラックでチャンツも開いておきましょう。

こんなアナタにオススメ!
3つの「学習モード」
仕事にも恋にも、英語学習にも忙しいAさんには!
1聞くだけモード
Check1
学習時間の目安:1日2分
とにかく忙しくて、できれば単語・熟語学習は短時間で済ませたい人にオススメなのが、Check1だけの「聞くだけモード」。該当のトラックで「チャンツ音楽」を聞き流すだけでもOK。でも、時間があるときはCheck2とCheck3で復習も忘れずに!

将来は海外勤務を目指すBさんには!
2しっかりモード
Check1Check2学習時間の目安:1日4分
そこそこ英語はできるけど、さらなる英語力アップが必要だと感じている人にオススメなのが、Check1とCheck2を学習する「しっかりモード」。声に出してフレーズを「音読」をすれば、定着度もさらにアップするはず。

自他ともに認める完ぺき主義のCさんには!
3かんぺきモード
Check1Check2Check3学習時間の目安:1日7分
やるからには完ぺきにしなければ気が済まない人には「かんぺきモード」がオススメ。ここまでやっても学習時間の目安はたったの7分。できればみんな「かんぺきモード」でパーフェクトを目指そう!

*学習時間はあくまでも目安です。時間に余裕があるときは、チャンツ音楽を繰り返し聞いたり、フレーズやセンテンスの音読を重ねたりして、なるべく多く学習単語・熟語に触れるように心がけましょう。

一杉 武史 (著)
出版社: アルク; 改訂版 (2016/6/29)、出典:出版社HP

音声ダウンロードのご案内

本書の音声はパソコンまたはスマートフォンでのダウンロードが可能です(どちらも無料です)。
パソコンをご利用の場合
以下のウェブサイトから、音声のデータ(mp3ファイル/zip圧縮済み)をダウンロードしてください。
アルク「ダウンロードセンター」
https://www.alc.co.jp/dl/
ダウンロードセンターで本書を探す際は、商品コード「9580857」を利用すると便利です。

スマートフォンをご利用の場合
スマホで音声の再生ができるアプリ「語学のオトモALCO」をご利用ください。アプリ「語学のオトモALCO」のインストール方法は表紙カバー袖でご案内しています。なお、「ダウンロードセンター」およびアプリ「語学のオトモALCO」のサービス内容は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

本書の音声について。
・本書では、各Dayの「チャンツ」「センテンス」のダウンロード音声を、トラック「001」であれば「MP3-001」のように表示しています。
・各Dayの「センテンス」英語のみの音声、Chapter1~6のChapter Reviewのチャンツも、「ダウンロードセンター」およびアプリ「語学のオトモALCO」からダウンロードすることができます。

AI英語教材アプリ『abceed』本書は、AI英語教材アプリ「abceed」(iOS/Android)に2020年5月に対応予定です。本書の音声をDLして聴けるほか、AIにより最適化されたクイズ形式の学習が可能です
(アプリ内課金)。※サービス内容は、予告なく変更になる場合があります。
https://www.abceed.com/

一杉 武史 (著)
出版社: アルク; 改訂版 (2016/6/29)、出典:出版社HP