【特典音声DL付】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ! 

 


 

直前5日間で100点差がつく

TOEIC新形式テストでは、文法パートである5・6をいかに素早く正確に解くかが重要になっています。リーティングセクションに時間を残すために、効率よく文法問題を解けるようにするための33の鉄則が紹介されています。豊富な演習を通して、本番に生きるスキルが身に付きます。TOEIC初級・中級者におすすめの1冊です。

小石 裕子 (著)
出版社 : アルク; 改訂版 (2016/11/17)、出典:出版社HP

はじめに

最新の出題傾向を取り入れた『改訂版 TOEIC® TEST英文法 出るとこだけ!』が刊行されたのは2015年1月のことでした。その後のテスト形式変更(2016年5月より)を受け、さらに改訂を加えたものが本書『TOEIC® TEST 英文法 出るとこだけ!』です。

文法の頻出ポイントと攻略法はテスト形式変更前と変わりません。新形式テストではPart 6とPart 7の解答にさらに時間がかかるようになった分、Part 5をいかに効率良く解き、かつ正解数を増やしていけるかがますます重要になっています。十分な解答時間を確保するためにも、本書で学ぶ「鉄則」が必ず役立ちます。

鉄則を学んだらExercisesにも挑戦してください。表紙カバーの折り返し部分をページにかぶせると解答が隠れる仕組みになっています。本番のテストのつもりで取り組み、最短時間で解きましょう。復習するときのため、答えは本に書き込まないことをお勧めします。

カバーを取れば一目で正解と解説を確認できます。必ず問題文の文意を確認するとともに、できれば音読してみましょう。このような復習がPart 6、Part 7で必要な「語彙力」と「読解力」の向上にもつながり、リーディングセクション全体のスコア底上げに効果を発揮します。

攻略法を用いて要領良く解く。その後、英文の意味も理解してしっかり復習。それが、英語の実力アップにつながります。

本書で達成できることは、主に以下の5つです。

1.直前5日間でスコアを100点伸ばせる
Part 5とPart 6の両方に通じる解法テクニック「鉄則」を習得。文法・語法問題を得点源にし、解答時間の短縮を図ります。Part 7に多くの時間を使えるので、全体として大きな得点アップが可能になります。

2.問題を解くための「33の鉄則」がわかる
文法問題を簡単に解くためのテクニックを、練習問題を通して使いこなせるようになります。テスト前にこの鉄則を見直せば、学習した内容がすっきり整理できるはずです。

3.TOEICテストの英文法の出題傾向が見える
英文法の中でもTOEICテストに出る項目だけを厳選し、出題頻度をマークで示して、効率良く学習できる構成にしました。

4.出題パターンが見抜けるようになる
選択肢から出題パターンを見抜く方法がわかります。また、パターンごとの取り組み方を知ることで、必要最小限の部分を見れば答えを選べるようになります。

5.「受験者がおかしやすい失敗」を未然に防げる
著者が学習者に直に接してきた経験から判明した、「受験者がおかしやすい失敗」を解説の随所で紹介。未然に防ぐ秘訣を伝授します。

本書が皆さんのスコアアップと、真の英語力向上に少しでもお役に立つことを願っています。

小石裕子

小石 裕子 (著)
出版社 : アルク; 改訂版 (2016/11/17)、出典:出版社HP

CONTENTS

はじめに
TOEICテストの構成
本書が狙うスコアアップ
時間短縮を実現する解き方
英文法の基本用語
本書の構成と使い方
ハーフ模試 解答用紙

Day1
品詞(1) 空所前後を見れば解ける! しかも最頻出!
副詞と形容詞の判別
自動詞と他動詞
名詞
補語になる言葉
Practice Test

品詞(2) 「品詞+アルファ」問題にも強くなる!
名詞ではなく動名詞を選ぶとき
意味の異なる名詞の判別
形容詞の代わりをする分詞
品詞問題の例外
比較表現
Practice Test

Day2
動詞(1) ポイントは、対応関係と「マジですKFC」!
本動詞と主語・動詞の対応
不定詞と動名詞
Practice Test

動詞(2) 時制「7つのルール」を押さえる!
受動態
時を表す言葉と動詞の形
文脈から判断する時制
Practice Test

Day3
接続詞(1)  まず「形」を見て、選択肢を絞る!
接続詞と前置詞
接続詞と接続副詞
Practice Test

接続詞(2)  知らないと損! 接続詞関連の高速処理法!
従位接続詞+分詞/形容詞
本動詞の前に来る接続詞
組で使われる表現
Practice Test

Day4
前置詞 イメージですっきり判別できる!
基本イメージで選ぶ前置詞
Practice Test

名詞を修飾する言葉 単複を見れば即答できる!
名詞の前に来る言葉
some ofの後に来る言葉
Practice Test

Day5
代名詞 格と「指すもの」で速攻正解!
代名詞の格
代名詞の指すもの
その他の代名詞
Practice Test

関係詞 「3つのチェックポイント」で確実正解!
関係代名詞の選択
whereとwhich
Practice Test

ハーフ模試で総仕上げ 本番の「半分」の問題数でParts 5&6に挑戦
選択肢で見極める! 出題ポイント早見表
テスト前に見直そう! TOEICテスト英文法「33の鉄則」リスト
ハーフ模試
解答と解説

小石 裕子 (著)
出版社 : アルク; 改訂版 (2016/11/17)、出典:出版社HP

TOEICテストの構成

TOEICテストは7つのパートで構成される。本書は、Part 5とPart 6の中の又法・語法問題を扱う。IPテストは2017年4月以降に新形式へ変更予定。最新のTOEICテストの情報は、次のサイトでご確認ください。http://www.alc.co.jp/tg/toeic_first/

リスニングセクション
解答時間:約45分
問題数:100問

Part 1写真描写問題6問
1枚の写真について4つの英文が読まれるので、最も的確に写真を描写しているものを選ぶ。

Part 2応答問題25問
1つの質問または平叙文とそれに対する3つの答えが放送される。最初の英文に対する最も適切な応答を選ぶ。

Part 3会話問題39問(会話は13セット)
2~3人の会話を聞いて、3つの質問に対する最も適切な答えを4つの選択肢から選ぶ。質問と選択肢は問題用紙に印刷されている。

Part 4說明文問題30問(說明文10
1人のトークを聞いて、3つの質問に対する最も適切な答えを4つの選択肢から選ぶ。質問と選択肢は問題用紙に印刷されている。

リーディングセクション
解答時間:75分
問題数:100問

Part 5短文穴埋め問題30問
短文の空所に入る適切な語句を4つの選択肢から選ぶ。

Part 6長文穴埋め問題16問(長文は4セット)
長文の中に4つの空所がある。それぞれに入る適切な語句・文を4つの選択肢から選ぶ。

Part 7読解問題54問
文書を読み、複数の質問についての最も適切な答えを4つの選択肢から選ぶ。シングルパッセージ(1つの文書)10セット、マルチパッセージ(複数の文書)5セットが出題される。

小石 裕子 (著)
出版社 : アルク; 改訂版 (2016/11/17)、出典:出版社HP

本書が狙うスコアアップ

本書では、Part 5とPart 6の文法・語法問題を効率良く解く方法を身に付けて、これら2パートのスコアアップと解答時間の短縮を実現する。これはPart 7での得点に結び付くだけでなく、TOEICテストの総合スコアにも効果が波及するストラテジーだ。

「必要な部分だけ見る」解法で、時間短縮を実現する
●Part 5、Part 6ではパターンさえ見抜けば簡単に解ける問題が多く出題される。本書で紹介する「33の鉄則」を押さえれば、これら文法・語法問題の90パーセント以上を正解できるようになる。

●頻出文法項目の習得に加えてスコアアップに欠かせないのは、時間短縮。Part 5では、文頭から読む癖から脱却することが重要だ。そこで、本書の例題では、問題文の一部分を見て解く練習を主に行う。問題文の中で、見る必要がある部分を色文字で示してある。1まず選択肢を見てから、2次に問題文の色文字部分を見て答えを選んでみよう。色文字以外は紙や手で隠すくらいの気持ちで取り組んでほしい。

Part 7を最後まで解く時間を確保する
●Part 7では英文を読み、その中から必要な情報をいかに速く見つけるかがポイント。時間さえあれば解ける難易度の問題が多い。本書により、50分以上をPart 7の54問に充てることができるようになる。今まで時間切れで解けなかった問題も解答できる他、パニック状態にならないで済むので文章の理解度も高まり、その分スコアがアップする。

文法力を身に付け、英語の理解力を底上げする
●英文の構造を把握する力は、リスニング問題にも役立つ。リスニングでは英語を日本語に置き換えず、聞こえてくる順に頭の中で概念を組み立てる必要があるからだ。また、本書の英文にはTOEIC頻出単語が使われているので、語彙力の増強にも結び付き、総合スコアを上げることが可能になる。

小石 裕子 (著)
出版社 : アルク; 改訂版 (2016/11/17)、出典:出版社HP