英文法の魅力 – 日本人の知っておきたい105のコツ (中公新書)

 


 

英文法の素朴な疑問に

多くの人は英文法をつまらないものだと思っているでしょう。しかし、英文法はとても奥が深く興味深いものなのです。本書では、英文法についての105の質問や疑問を解説しています。英語学習書ではなく、雑学書として気軽に読めるため、最後まで楽しく読み進めることができます。

里中哲彦 (著)
出版社: 中央公論新社 (2012/5/25)、出典:出版社HP

はじめに

この節、「英会話」の人気に押され、英文法は不当に軽視されています。それどころか、文法をやるから英語ができないのだという声さえ聞こえてきます。
果たして、ほんとうにそうでしょうか。

私の経験をいえば、文法をやったことが英語の基礎をつくるうえでもっとも役立ちました。文法を学んだからこそ、読み書きだけでなく、話すことや聞くことにつなげることができたのだと確信しています。

文法は言語より以前に存在したものではありません。まず言語があって、それを整理したり説明したりするために、あとからつくられたのです。
わざと難解にして学習者を混乱させてやろうという目論みでつくられたのでもありません。文法は言語事実をわかりやすく説明してくれるものであり、その習得にかかる手間を軽減してくれるものなのです。

わかりづらい文法用語を覚えることが「英会話」に寄与しないことは論を俟ちませんが、内容のある話をしようと思ったら、体系的な文法知識がどうしても必要です。会話にあってさえ、文章を組み立てる力を支えているのは文法の知識なのです。

私の見るところ、文法力のある人は、話す必要が生じたとき
に短期間である程度の会話力を確実に身につけますが、文法をおろそかにした人は途中で頭打ちになり、まとまった内容のある話がいっこうにできるようになりません。長いこと英語圏に暮らしていてもカタコトの英語しか話せない人の文法知識は驚くほどわずかです。

さらにいえば、日本には信頼できる翻訳書がたくさんありますが、それを可能たらしめているのは文法をきちんと習得した人たちがいるからでしょう。そうした人がいなければ、いいかげんな訳書だらけになっているはずです。信頼に足る翻訳書がどれほどあるか。このことは、その国の外国語学習の成果と今後を考えるうえで大きな指標となりましょう。

本書では、文法のほか、語義や語法、口語や俗語にまで言及していますが、文法のことがつねに念頭におかれています。この小さな本をきっかけに文法の魅力やおもしろさがわかってもらえたら、これにまさる喜びはありません。

2012年 季春
里中哲彦(さとなかてつひこ)

里中哲彦 (著)
出版社: 中央公論新社 (2012/5/25)、出典:出版社HP

CONTENTS

はじめに
001 文法は魔法のようなもの
002 「私はコーヒー」はOK?
003 マイケルの「Beat It」
004 a few の誤解
005 バレーボールの語源
006 will は未来形?
007 未来をあらわすのに、なぜ will を用いない?
008 I forget. / I forgot.
009 「あごに卵がついている」
010 「トム・クルーズを知ってる?」
011 「本」と「予約する」
012 no の後ろは複数形か単数形か
013 いつも play the guitar なの?
014 ゴールデンスランバー
015 否定疑問文の答え方
016 the way …の用法
017 「運命」いろいろ
018 will being
019 ベースボールは「タッグアウト」
020 モーニングサービスは?
021 仮定法の「時」は?
022 I wish … の考え方
023 It is time SV.
024 unless + if not
025 ディスクジョッキー
026 ノーモア・ヒロシマ?
027 die の婉曲表現
028 月を求めて泣き叫ぶ
029 if it were not for ~ の謎
030 「~しなかったことを後悔している」
031 no more A than B の考え方
032 Why …? と How come …?
033 「大ブレイクする」
034 前置詞の概念
035 have A done
036 前置詞を文末に置いてはダメ?
037 talk の後ろに目的語?
038 「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」
039 先行詞が「愛する猫」
040 against の中心的意味
041 ほとんど知られていない this
042 「ノッてる?」
043 「いまから~後」は?
044 「このワインは何年もの?」
045 「~関係の仕事に就いています」
046 fineの原義は?
047 actually を使いこなす
048 「Aに決める」
049 help の用法
050 「~するつもりはなかった」
051 money の発音
052 単語の末尾を見よ
053 気づかない引用句
054 Ouch!
055 「カレッジ」の特徴
056話を切りだすときは
057 「紳士服コーナー」を英語で
058 リスニング能力を高める
059 「すみません」の使い分け
060 人工の食品サンプル
061 「パンの耳」
062 「在庫一掃セール」は?
063 クレームをつける。
064 「アウトレット」って何?
065 ジャンク・メール?
066 「老眼鏡」を英語で
067 「相席する」
068 トイレの話
069 「行ってきます」
070 「よろしくお願いします」
071 招待を「断わる」
072 変圧器の「トランス」
073 en-ではじまる語
074 「ガン」と「カニ」
075 なぜウィリアムがビルに?
076 否定の接頭辞
077 会話をきりだす
078 「ストレスがたまる」
079 ニュース番組のまとめ役
080 スポーツを話題に
081 母音と子音
082 なぜ Mr./Mrs.にはピリオド
083 「クールビズ」
084 He married young.
085 「仲がいい」
086 小田さんが2人
087 赤いニシン
088 オバマとボビー
089 「故障している」の表現
090 become が「似合う」になる理由
091 become to do とならない理由
092 「~する価値がある」
093 「狭い」と「広い」
094 「~を入れ忘れた」
095 The 比較級〜, the 比較級…
096 learn は“結果”に重点
097 seldom
098 「~によれば」
099 「~のそばに」
100 所有感覚ばかりではない「所有格」
101 a kind of a teacher?
102 cover と discover
103 そのなんとかという人
104 冗談で「殺してやる」
105 class が「気品」の意味?
おわりに

Design & Typesetting : Shinya Yamada (Studio Pot)

里中哲彦 (著)
出版社: 中央公論新社 (2012/5/25)、出典:出版社HP