中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本[会話力編]

 


 

とっさに英語で返せる!

最近では外国で生活している人以外でも、日常で英語を使う場面が増えてきています。しかし、日本人で英語を話すことができる人は多くありません。本書は、簡単な単語で質問をしたり感想を言ったり、関連した話に繋いだりすることのできるスキルを磨くテキストです。短期間で英会話力を飛躍的に高めたい人におすすめです。

ウィリアムソン・ニック (著)
出版社: ダイヤモンド社 (2013/5/17)、出典:出版社HP

はじめに

グローバル化やインターネットの普及がドンドン進む現代の世界では、人と人の間にある壁は、「国境」ではなくて「言語」です。コミュニケーションさえできれば、世界中の誰とでも友だちになれます。しかし、それには、「言葉」そのものだけではなく、コミュニケーション能力である「会話力」も必要です。
本書は『中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本』の第2弾です。それぞれのテーマが違うので、第1弾を読んでないとこの本の内容がわからないということはありません。また、どちらから先に読んでいただいても構いません。それぞれ重点が違うこの2冊は、みなさんのコミュニケーション能力を高める最強コンビとして相乗効果をもたらします。

第1弾では、「英語の思考回路」と「英語のストラクチャー(骨格)」に焦点を当てました。日本語に合わせた「日本語英語」よりも、本当の英語のほうがずっとシンプルであることを理解し、日本語で理屈を考えたり、難しい単語を使ったりせずに、ネイティブと同じ思考回路で自然な英語が簡単に話せるようになる4つのコツを紹介しました。
この第2弾のテーマは「会話力」です。

会話の場面では、文を組み立てている余裕はありません。できるだけ「考えずに話す」ことが求められます。本書では、他にはない、非常に効果的な「考えずに、反射的に英語を英語で返す」ドリルを採用しています。このドリル練習を行うことで、質問された際に、「反射的に英語を英語で返す」テクニックが身につきます。
また、会話というと、質問とその答えという流れを思い浮かべがちですが、実際にはその大半はお互いの過去の体験談や最近の出来事を話し合ったりすることで成り立っています。これも大切なコミュニケーションです。本書で紹介している「体験談を語る流れ」をテンプレートにして話してみると案外簡単にできることがおわかりいただけるでしょう。

さらに、人の話を聞いたときに、「会話力」につながる大切な3つのスキル「質問をする」「感想を言う」「関連話につなぐ」についても学びます。
そうした会話力を身につけていただくために書かれた本書はChapterから構成されています。

Chapter1では、「考えずに話せる」コツを学びますは、「考えずに話せる」コツを学びます。「文法を考えずに質問かれた質問を反射的に英語を英語で返すテクニック」が特に会話で非常に役に立ちます。

Chapter2では、エピソードを語る流れや、人の話を受け方法を覚えて、話を盛り上げるコツを学びます。

Chapter3では、「感想を言う」言い方を学びます。

Chapter4では、日常会話で頻繁に登場する「仮の話(仮定法)」を使いこなせることを目標にしています。文法という視点から見るのではなく、「実用的な使い方」に重点を置いた練習を行うことで、多くの人が苦手意識を持っている「仮定法」も簡単に感じられるようになります。

本書で紹介しているスキルを身につけておくと、会話をOh, I see…「ああ、そうですか…」と気まずい雰囲気で終わらせずに、話をドンドン盛り上げ、真のコミュニケーションをとることができます。

2013年4月 ニック・ウィリアムソン

ウィリアムソン・ニック (著)
出版社: ダイヤモンド社 (2013/5/17)、出典:出版社HP

CONTENTS

CHAPTER1 考えずに話せるテクニック
「塊」で覚える 塊で覚えたほうが文を組み立てやすい
単語を1つずつ意識していると日本語英語になる
言い回しをグループ化して「型」として覚えよう
「型」に入れる動詞もグループ化して頭に入れておこう
A+Bでその場で瞬時に文を作れる
塊として暗記して、何が続くかを覚える
この方法で、どんなに難しいものも簡単になる。
2ほとんど考えずに質問する
質問の一部を塊として覚える
英語の質問には2種類ある
What / Whoが主語の場合
(1) [表現パターン] パターン1 《Can I…? 》
パターン2 《Can you…?》
パターン3 《I have to….》
パターン4 《I don’t have to…》
パターン5 《I wanna…》
パターン6 《I don’t wanna…》
パターン7 《Do you wanna…?》
パターン8 《Do you want me to…?》
パターン9 《Do you…? / Does he/she…?》
パターン10《Are you.ing? / Is he .ing?》
パターン11《Did you..? / Did he…?》
パターン12《Are you gonna…? / Is he gonna…?》
COLUMN ミックス&マッチ例文
3反射的に答える
聞かれた質問で答え方が決まる
多くの場合、前置詞も自分で考える必要はない
どんな時制にも効く
動詞の活用も自動的に行う
進行形もbe動詞を使うので感覚は同じ
いくつかの例外 「ごまかし」と「真の能力」の違い
[ドリル]CDでドリルをやってみよう! 現在形
進行形
過去形
未来形

CHAPTER2 会話カテクニック
1エピソードなどを語る
会話の大半は、過去の体験談やエピソードを語ること
出だし
出来事と状況説明
過去の言い回しを増やそう!
予想していたこと
[表現パターン」
パターン13 出だし 《something+形容詞(主語)》
パターン14 出だし 《something+形容詞(目的語)》
パターン15 出だし 《Guess+WH名詞節》
パターン16 状況と出来事
パターン17 過去の言い回し《I wanted to…》
パターン18 過去の言い回し《I didn’t wanna…》
パターン19 過去の言い回し《I had to…》
パターン20 過去の言い回し《I didn’t have to…》
パターン21 過去の言い回し《I was gonna…》
パターン22 過去の言い回し《I wasn’t gonna… / I didn’t mean to…》
パターン23 予想していたこと《I thought+主語+would… / I didn’t think+主語+would…》
学んだことを使って体験談を述べる
2話をつなぐ
会話力で大事な3つのこと
人の話を受けて、「私にも同じようなことがあった」と言う
人に話を振る。 関連話をする
[表現パターン] パターン24話をつなぐ《…happened to…》
話を振る《Has … ever happened to you?》
パターン25 関連話をする 《Speaking of…》

CHAPTER3感想を言う
五感の動詞の使い方
1五感の動詞に語句を続ける
どの感覚を通して、そう感じたかによって使い分ける
動詞として使う
「今のこと」でも現在形で使う
形容詞をそのまま続ける
日本語に合わせるのではなく、英語に合わせた英語
soundの使い方を活かして「会話力」を上げよう!
名詞を続けるならlikeを使う
howは形容詞扱い、whatは名詞扱い
2 五感の動詞に文を続ける
likeには文も続けられる feelの使い方
[表現パターン] パターン26 《look+形容詞》
パターン27 《look like+名詞》
パターン28 《It looks like+文》
パターン29 《sound+形容詞〉
パターン30 《sound like+名詞》
パターン31 《It sounds like+文》
パターン32 《smell+形容詞》
パターン33 《smell like+名詞》
パターン34 《It smells like+文》
パターン35 《taste+形容詞>》
パターン36 《taste like+名詞》
パターン37 《It tastes like+文》
パターン38 《feel+形容詞》
パターン39 《feel like+名詞》
パターン40 《I feel like+名詞》
パターン41 《I feel like / It feels like+文》

CHAPTER4 仮定法を使って
仮の話をする
1wishで仮定法の感覚をつかむ
I hope と I wishの違いで理解しよう!
I wishに続く他の時制
[表現パターン] パターン42 《I wish+過去形》
パターン43 《I wish+過去進行形 / (be/haveなら)過去形》
パターン44 《I wish+過去進行形》
パターン45 《I wish+主語+would…》
パターン46 《I wish+過去完了形》
2 should / could / wouldのいろいろな使い方
「shouldは仮定法」という感覚はない
couldにはいろんな使い方がある
wouldはwillの過去形
未来が決まっているなら過去進行形で仮の話をする
wouldを使うだけで、if節は必要ない
アドバイスをするとき、求めるときにwouldを使う
wouldで「まさか!」
[表現パターン] パターン47 《should (1)》
パターン48 《should (2)》
パターン49 《could (1)》
パターン50 《could (2)》
パターン51 《couldn’t》
パターン52 《would (1)》
パターン53 《would (2)》
パターン54 《would (3)》
3 過去の仮の話なら should’ve / could’ve / would’ve
過去の仮の話は「二重過去」
I should’ve gone earlier!「もっと早く行けばよかった!」
shouldn’t have gone! 「行かなきゃよかった!」
I could’ve gone! 「行けたのに!」
英語は日本語より「時制」にうるさい
実際はなかったことだけど「ありえた」
I would’ve gone.「行ったのにな」
I would’ve はだいたいif I had (done)と一緒に使う
[表現パターン] パターン55 《I should’ve+過去分詞》
パターン56 《I shouldn’t have+過去分詞》
パターン57 《I could’ve+過去分詞》
パターン58 《I would’ve+過去分詞(tif I had+過去分詞)》
COLUMN wasではなくてwereじゃないの?
INDEX
CDの使い方
付属のCDには、次の内容が収録されています。
・表現パターン
それぞれの英文のあとに、リピートポーズがあります。聞いた英文を、このポーズの間に繰り返せるように練習しましょう。
・ドリル
疑問文、または、その一部を聞いて、即答する練習です。詳しい練習方法は、71ページに記載されています。
ページ左上についているCDマークには収録トラックが表示されています。たとえば、左のマークはCDのTrack12にその部分の英文が収録されていることを意味します。

ウィリアムソン・ニック (著)
出版社: ダイヤモンド社 (2013/5/17)、出典:出版社HP