新紙幣のデザインは英語でどう伝えられている?【海外トレンド】

 


 

紙幣の新デザインをどう伝えていたか?

海外の情報は受け身の状態でいるとなかなか入ってこないものです。しかし、いざ海外のサイトやSNSを覗いても、英文を読むのは大変な労力が必要です。また、英語初心者からすると、自分の和訳が合っているか不安な面もあると思います。ここでは、日本で話題となった事柄や人物について海外メディアや英語版のメディアではどのように伝えているのかを見てみます。

今回紹介するのは、先日発表された新紙幣のデザインについてです。一万円札、五千円札、千円札、五百円硬貨が2024年を目処に新しく生まれ変わります。では、英語版のメディアではどのように伝えているでしょうか? japan timesから新紙幣のデザインに関する記事を抜粋しました。

The government on Tuesday announced a redesign for ¥10,000, ¥5,000 and ¥1,000 bank notes, adding new technology to prevent counterfeits.

The new designs will be introduced in the first half of fiscal 2024, Finance Minister Taro Aso said.

The new ¥10,000 bill will feature Eiichi Shibusawa (1840-1931), a banker and business leader dubbed “the father of Japanese capitalism.” Shibusawa played a key role in modernizing the Japanese economy, Aso said. The back side of the bill will feature an illustration of the Marunouchi side of Tokyo Station.

The ¥5,000 bill will feature Umeko Tsuda (1864-1929), the founder of Tsuda University in Tokyo, who studied in the U.S. and became a pioneer in the education of Japanese women in early 20th century. The back side will feature an illustration of wisteria flowers.

The ¥1,000 bill will feature Shibasaburo Kitasato (1853-1931), a bacteriologist who helped build the foundation for modern medical science in Japan. The opposite side will feature “The Great Wave off Kanagawa,” the famous woodblock print by ukiyo-e artist Katsushika Hokusai.

A portrait on the new bills will be rendered as a 3D ∑, which the Finance Ministry said is a world first for currency.

【日本語訳】

火曜日に政府は、偽造防止の新技術を加え、一万円札、五千円札、千円札を再設計すると発表した。

麻生太郎財務大臣は、新しいデザインは2024年度の上半期から導入させると述べた。

新一万円札は、「日本資本主義の父」と称される銀行家兼実業家の渋沢栄一(1840-1931)を抜擢している。麻生氏は、渋沢氏のことを日本経済の近代化において重要な役割を果たしたと述べた。紙幣の裏側には東京駅の丸の内方面のイラストが描かれている。

五千円札には、米国で研究し、20世紀初頭に日本人女性の教育の先駆者となった東京の津田塾大学の創設者・津田梅子(1864-1929)を採用している。裏側には藤の花のイラストが描かれている。

千円札には、日本の現代医学の基礎を築いた細菌学者の北里柴三郎(1853-1931)を採用している。反対側には浮世絵師・葛飾北斎の有名な木版画「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が描かれている。

新しい紙幣の肖像は、世界初の3Dホログラムによって描写される通貨だと財務省は述べました。

訳と照らし合わせて読む (1〜3文ごとに訳が書かれています)
The government on Tuesday announced a redesign for ¥10,000, ¥5,000 and ¥1,000 bank notes, adding new technology to prevent counterfeits.

火曜日に政府は、偽造防止の新技術を加え、一万円札、五千円札、千円札を再設計すると発表した。

The new designs will be introduced in the first half of fiscal 2024, Finance Minister Taro Aso said.

麻生太郎財務大臣は、新しいデザインは2024年度の上半期から導入させると述べた。

The new ¥10,000 bill will feature Eiichi Shibusawa (1840-1931), a banker and business leader dubbed “the father of Japanese capitalism.” Shibusawa played a key role in modernizing the Japanese economy, Aso said. The back side of the bill will feature an illustration of the Marunouchi side of Tokyo Station.

新一万円札は、「日本資本主義の父」と称される銀行家兼実業家の渋沢栄一(1840-1931)を抜擢している。麻生氏は、渋沢氏のことを日本経済の近代化において重要な役割を果たしたと述べた。紙幣の裏側には東京駅の丸の内方面のイラストが描かれている。

The ¥5,000 bill will feature Umeko Tsuda (1864-1929), the founder of Tsuda University in Tokyo, who studied in the U.S. and became a pioneer in the education of Japanese women in early 20th century. The back side will feature an illustration of wisteria flowers.

五千円札には、米国で研究し、20世紀初頭に日本人女性の教育の先駆者となった東京の津田塾大学の創設者・津田梅子(1864-1929)を採用している。裏側には藤の花のイラストが描かれている。

The ¥1,000 bill will feature Shibasaburo Kitasato (1853-1931), a bacteriologist who helped build the foundation for modern medical science in Japan. The opposite side will feature “The Great Wave off Kanagawa,” the famous woodblock print by ukiyo-e artist Katsushika Hokusai.

千円札には、日本の現代医学の基礎を築いた細菌学者の北里柴三郎(1853-1931)を採用している。反対側には浮世絵師・葛飾北斎の有名な木版画「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が描かれている。

A portrait on the new bills will be rendered as a 3D hologram, which the Finance Ministry said is a world first for currency.

新しい紙幣の肖像は、世界初の3Dホログラムによって描写される通貨だと財務省は述べました。

今回の記事は、195語で構成されています。新紙幣に関する情報を英語で見ると、このように表現されます。わからない単語や表現があると思いますが、重要用語を見て和訳できるようになりましょう。来週もお楽しみに!

【重要用語】

be dubbed〜 : 〜の異名をとる
counterfeit:偽の、偽造
minister:大臣
bacteriologist:細菌学者
portrait:肖像画
currency:通貨
woodblock : 木版
render : 表現する