どちらを選ぶべき? オンライン英会話と通学型英会話スクールの違いとは?

 


 

両者のメリットを知ってから入会しよう

英会話のトレーニングを始めようと思っている人にとって、オンライン英会話と通学型の英会話スクールのどちらに入会した方がいいのかは悩みどころの1つです。「何となく」で決めてしまうと、思ったほど英語力が伸びないなんてこともあります。また、オンライン、通学ともにスクールの数が多く、それぞれの特徴を理解しなければ「使いづらい」と感じるかもしれません。そこで、ここではそれぞれのメリットやデメリット、特徴を理解して自分の性格や目的、スタイルに合った方を選ぶことができるようになりましょう。

オンライン英会話といえば、PCやタブレット、はたまたスマートフォンなどの媒体を使ってオンライン上で英会話レッスンをする形態のスクールです。インターネット環境が整っている場所であれば、どこでも教室となります。講師は世界中に点在しているので、時差の関係上、24時間いつでも好きな時にレッスンを受けることができます。加入するプランによりますが、基本的に毎日30分レッスンを受けることが可能です。講師の国籍はフィリピンが多く、その他だとアフリカ国籍の講師や、中には東欧など英語を母国語としない人もいます。年齢・性別・予約の多さなど細かい条件を設定、レッスンごとに講師を選べるので、自分に合った一人を見つけることができます。

一方、通学型の英会話教室はというと、自らが校舎に通う必要があります。立地的に大都市や駅のそばに店舗を構える傾向があります。大手英会話教室であれば、自社独自の教材を開発していたり、レッスンのカリキュラムが決められていることがあります。オンライン英会話とは異なり、講師を選ぶことはできませんが、語学系の資格を持っていたり、会社で研修時間を定めていたり、ネイティブ講師のみを採用するなど、講師の質は一定の水準に達しています。目的別のコースも用意されているなど、自分の負担を軽減してくれます。また、スクールに通うことで学習意識の向上やカウンセラーやクラスメイトに相談することもできます。

では、両者にどんなデメリットがあるのかを説明します。オンライン英会話は、登録している講師の数は多いですが、「英語が話せる=英語を教えられる」というわけではありません。(プランによりますが)学習プログラムがない場合が多く、講師と二人三脚で方針を決めていかなければなりません。学習管理を自らで行わなければならないので、モチベーションの維持の難しさにも繋がってきます。また、人気の講師は予約が埋まりやすいので、自分の受けたい時間に受けられるとは限りません。

英会話教室のデメリットはレッスン時間の少なさが挙げられます。通学型の英会話スクールはオンラインとは異なり、週に1度か2度くらいしかレッスンを受けることができません。また、「通学」しなければならないので、自宅の近くに教室がない場合は、そもそも通うことすらできません。

メリットの他に、選ぶポイントに料金と時間があると思います。オンライン英会話の料金は最低プランだと月額6,000円程度で毎日受講が可能、1レッスンあたり25分です。一方、通学型は大手英会話スクールですと、月額10,000〜15,000円で1レッスンあたり40分ほどです。中小英会話スクールだともう少し値段が低く設定されています。

以上のことから、オンライン英会話は、レッスンの安さや自分が都合の良い時間にレッスンを受けたい人、マンツーマンで学びたい人、自宅の近くに英会話教室がない人などに向いているように思えます。通学するというハードルがないので、気軽に始めることができるのも利点です。一方、通学型の英会話教室は、フェイストゥフェイスでネイティブ講師のレッスンを受けたい人、同じ目標を持つメンバーと一緒に英会話をしたい人、一人ではモチベーションの維持が難しいと感じる人などに向いていると思います。

それぞれの利点や自分の考え方などを考慮して「オンライン」か「通学型」を選ぶと良いと思います。両方とも体験レッスンを受けることができるので、まずは体験してみてイメージを持つことが大切です。