アプリを活用して学習の質を高めよう! オススメアプリ3選

 


 

英語学習者の強い味方となるのがスマフォの英語学習アプリ。スキマ時間を活用して英語力を向上させることもできるし、学習の進捗管理もできるなど活用しない手はない。そこで、英語学習者にオススメのアプリを中野大河さんに教えてもらった。

アプリを活用して英語学習の質を高めよう

英語学習を継続するためには、多忙なときでもスキマ時間を活用して勉強することが大切です。そんな忙しいときに活躍するのが、スマートフォンのアプリを使った学習です。ノートやペンを揃えなくても、スマフォを手に持つだけで気軽に学習を始められるからです。それでは、手軽に英語学習を始められるアプリを3つ紹介します。

まず紹介するのは「TOEIC presents English Upgrader」です。このアプリはTOEIC®L&Rのスコアアップをしたいという人だけではなく、ビジネス英語を使いこなせるようになりたい人、将来的に海外で生活したい人にもオススメできるアプリです。アプリ内には、ビジネスシーンで出会いそうなプレゼンやレポートの報告などの内容から店舗での会話やパーティーの企画などカジュアルな話題まで網羅しています。

収録されている各音声は10分程度なので学習に使いやすく、英語のスクリプトと日本語訳が付属しているので、様々な学習法に使うことができます。TOEIC®に似た形式のチェッククイズも搭載しているので、TOEIC®対策にもなります。アプリ内にはフレーズ集もあるので、スキマ時間で暗記する習慣を身につければ英語の幅を広げることができます。ここまでの内容にも関わらず、無料というのも魅力の一つです。

次に紹介するのは「Audible(オーディブル)」です。オーディブルは、英語の音声を聞くことに特化したオーディオブックアプリです。「本を読む」のではなく、「本を聞く」とイメージしてもらうと良いでしょう。私の場合はハリーポッターシリーズのオーディオブックを購入して繰り返し聞いています。

いったんダウンロードしてしまえば、Wi-Fiが通っていない場所でも聞けるので便利です。また、音声スピードを調節することができるため、自分の英語レベルに合わせてスピードを変えることができます。広告なども表示されないので快適に使えますよ。

最後に紹介するのは「Studyplus(スタディプラス)」です。スタディプラスは英語学習専用のアプリではなく、学習記録をつけるためのアプリです。学習教材、日時、学習時間などを記録することができ、日・週・月単位で学習内容と時間がグラフ化され、自身の学習を振り返ることができます。このアプリの用途は主に二つです。一つ目は、自身の学習記録をつけることでモチベーションを保つことができます。二つ目は、学習後に振り返り、学習内容の配分や時間などを改善することができることです。

学習記録をつければ、学習を可視化できるのと同時に学習時間の伸びを実感でき、自身の満足度を高めることができます。また、グラフで学習内容を分析できるので、目標に対する学習内容の偏りがわかり、改善することが容易です。

これらの3つのアプリを有効活用して学習の質を高めていくことをオススメします。「TOEIC presents English Upgrader」と「Audible」を使ってスキマ時間に学習し、学習時間などの記録を「Studyplus」で管理するというように、各アプリを併用して学習を進めると効果的です。多忙な人でも短時間の学習でスキルを伸ばすことができるのでオススメですよ。