いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト600点英文法集中講義

 


 

なんとなくからしっかり理解

本書は、TOEICで600点をとるための英文法対策本です。スコアアップを目指すには、文法を完璧にすることが一番の近道です。基本からTOEIC600点レベルの英文法まで学ぶことができます。文法に自信がない人、Part5の問題がなかなか攻略できない人におすすめです。

はじめに

みなさんは、TOEICに対してどんなイメージを持っていますか。難しい? 学校英語とは別世界? ビジネスの知識が必要? …15年間英語教育に各方面からかかわってきた私が出した結論は、「全部No」です。中学・高校で学習してきた英語力が備わっていれば、高得点を出すことが可能です。

TOEICは語彙力(ビジネス用語)・文法力・分析力・情報処理能力がありさえすれば、簡単に答えを導き出せるものばかりです。何か特別なことをしなければ,また,何か特別なビジネスの知識がなければ高得点を出せないようなことはありません。

学校英語を真面目に学んできた人なら,それを必ずTOEICでも活用できます。もしうまく得点と結びつかないとすれば, その力の引き出し方と,知識と目の前の問題へのリンクができていないからです。

本書は、私が予備校講師時代に100~200名規模のクラスを多数受け持ち、様々な学習者のつまずくポイントを見てきた経験をもとに読者目線にたって作りました。TOEICで 得点を伸ばしたいと思っている方のためのPart 5 (文法問 題)対策の問題集です。短期間で効率的にスコアアップを図るにはここから攻略するのがベストだからです!

・・・といっても、語学学習は簡単なものではありません。じっくり、しっ かり、着実に基本を押さえた人が力をつけます。本書では、 なるべく楽しく、継続的に学習ができるように、以下のこと にこだわって執筆しました。

1 初~中級者向けに,とにかくていねいな解説を
全問題に構文分析を入れ,文構造を視覚的に理解できるようにしました。

2 TOEIC頻出単語・熟語を使用して問題作成
問題を解いていくにつれて、文法力+語彙力が自然に身につくようになっています。

3 実際に講義を受けているような授業風景の演出
板書は私が手書きしました。講義と合わせてライブ感を味わってください。

4達成感が味わえる工夫を
構文分析, 頻出単語欄, 選択肢を含む本文の和訳を通して、解法だけでなく,「文全体が理解できた!」という達成感を味わっていただきたいと思います。

そして、なんといってもこだわったのは、いつでもどこで も持ち運べる手頃なサイズ!机に向かって行うだけが英語学 習ではありません。皆さんといっしょに,どんどん外に連れ 出してあげてください!

「これまで受けてきた学習は間違っていない」
これを信じて本書を読みすすめてほしいです。あなたには、 きっと明るい未来が待っていますよ。

2013年10月
戸根彩子

戸根 彩子 (著)
出版社: 日本経済新聞出版 (2013/11/16)、出典:出版社HP

本書の使い方

「受験勉強で得た英語の知識をTOEIC学習に連動させる」と いつコンセプトのもと、「入門編」では、TOEICテストでよく狙 われる15の文法項目のキホンをまとめました。各項目の解説 のあとに練習問題が4題続きます。(文法解説→練習問題)x15 セット(60題)というメリハリのある構成です。「実践編」は文法項目に縛られず,ランダムに問題が40題掲載されています。入門編で学習したことが定着しているかを7 日間で力だめしできます。
8日
【文法のまとめ】
押さえどころをポイントでスッキリまとめ

わかりにくい文法の概念をビジュアル化
本書で扱われる主な記号は以下です。
主語 動詞 目的語 類義語 派生語 反意語 (主) 主節以外の主語 (動)主節以外の動詞 (日)主節以外の目的語

【練習問題】
・問題と解説を見開きで掲載
利点 構文分析や解説がすぐ確認できて初級者にも安心
・構文分析コーナーを設置
利点 主語・動詞をすばやく読みとる習慣がつく!
・単語の意味や重要表現を赤文字で掲載
利点 お手持ちの赤シートを使えば,繰り返し学習が可能
TOEIC頻出単語で作成された問題に挑戦
文の構造がわからない場合はここをヒントに解いてみよう

頻出単語&表現の使い方や意味がよくわかる
授業さながらの解説で理解度アップ
問題を解くポイントをすっきり整理
解答⇒指で隠せる位置に配置

入門編
TOEIC文法問題攻略への道は、ここから始まります。ひとつひとつ, 私がていねいにサポートしますの で、一緒にがんばりましょうね。 さあ、まずははじめの一歩から・・・ 扉を開けてみてください。

戸根 彩子 (著)
出版社: 日本経済新聞出版 (2013/11/16)、出典:出版社HP