Uberの公開企業後初の決算は10億の赤字! 今後の動向は?【今週の英字新聞】

 


 

Uberの株式公開後の初の決算は赤字に!

リーディングのスキルを上げるためには、長文を読む癖を普段から身につける必要があります。英文を読むスピードや正確度を上げることができれば、メールや文章作成など仕事で英語を使う人だけではなく、TOEICや英検を目指す人にも役立ちます。英文を読むのであれば、毎日異なる内容を読むことができる英字新聞がオススメです。それは、理由は政治経済や国際情勢、スポーツ、エンタメなど英語以外の幅広い知識も身につけることができることができるからです。

今回、ピックアップしたニュースは、自動車配車サービスを運営するUberについての話題です。日本では、都内を中心に宅配食サービスを提供しているので、利用したことがある人もいるのではないでしょうか? では、いったい、どんなニュースなのか見てみましょう。BBCニュースから抜粋しました。

Uber has posted a $1bn (£790m) loss as the ride-hailing firm delivered its first figures since a disappointing flotation earlier this month.

The quarterly loss came despite a 20% a rise in revenues to $3.1bn and increase in monthly active users to 93 million.

The results were in line with many analysts’ forecasts and may provide reassurance about the company’s future profitability.

Uber shares have sunk almost 11% since it listed on Wall Street on 10 May.

The company is the biggest of a group of Silicon Valley start-ups that have gone public this year against the backdrop of a global stock market sell-off sparked by renewed US-China trade tensions.

But Uber has also faced strong competition in the smartphone ride-hailing business, and incurred extra costs for signing up new drivers and establishing the Uber Eats delivery service.

【日本語訳】

今月初めのがっかりした上場以来、Uberはランドハイリング企業初の数字を発表したのと同時に10億円の損失を公表した。

四半期の損失は、売上高が20%上昇の31億円、月間アクティブユーザーが9,300万人まで増加したにも関わらずに発生した。

この結果は、多くのアナリストの予想と一致しており、会社の将来的な利益について再保証を提供するかもしれない。

5月10日にUber株がウォール街に上場して以来、ほぼ11%落ち込んだ。

アメリカと中国の貿易摩擦の復活によって引き起こされたグローバル株式市場での売却を背景に反して、シリコンバレースタートアップのグループの中で最も大きな同社は、今年株式を公開した。

しかし、Uberはまたスマートフォンのライドハイリングビジネスにおいて強い競争に直面しており、Uber Eatsの配達サービスの確立と新しいドライバーのサインアップのための追加のコストを負った。

訳と照らし合わせて読む (1〜3文ごとに訳が書かれています)
Uber has posted a $1bn (£790m) loss as the ride-hailing firm delivered its first figures since a disappointing flotation earlier this month.

今月初めのがっかりした上場以来、Uberはランドハイリング企業初の数字を発表したのと同時に10億円の損失を公表した。

The quarterly loss came despite a 20% a rise in revenues to $3.1bn and increase in monthly active users to 93 million.

第一四半期の損失は、売上高が20%上昇の31億円、月間アクティブユーザーが9,300万人まで増加したにも関わらずに発生した。

The results were in line with many analysts’ forecasts and may provide reassurance about the company’s future profitability.

この結果は、多くのアナリストの予想と一致しており、会社の将来的な利益について再保証を提供するかもしれない。

Uber shares have sunk almost 11% since it listed on Wall Street on 10 May.

5月10日にUber株がウォール街に上場して以来、ほぼ11%落ち込んだ。

The company is the biggest of a group of Silicon Valley start-ups that have gone public this year against the backdrop of a global stock market sell-off sparked by renewed US-China trade tensions.

アメリカと中国の貿易摩擦の復活によって引き起こされたグローバル株式市場での売却を背景に反して、シリコンバレースタートアップのグループの中で最も大きな同社は、今年株式を公開した。

But Uber has also faced strong competition in the smartphone ride-hailing business, and incurred extra costs for signing up new drivers and establishing the Uber Eats delivery service.

しかし、Uberはまたスマートフォンのライドハイリングビジネスにおいて強い競争に直面しており、
Uber Eatsの配達サービスの確立と新しいドライバーのサインアップのための追加のコストを負った。

今回のニュースは138語で構成されています。自動車の配車サービスや宅食サービスを展開している同社の初の決算は赤字となりましたが、将来的な利益が見込まれているとのことです。日本でもサービスを展開していることから今後の動向が気になります。来週の英字新聞をお楽しみに!

【重要用語】

disappoint:がっかりさせる
flotation:浮揚、上場
reassurance:自身、再保証
profitability:利益
sink:陥没する、落ち込む
share:株
backdrop:背景
sell-off:株の売却