TOEFL TEST必修英単語2500 (東進ブックス)

 


 

最もネイティブな英単語帳

TOEFLテストの頻度順に単語が掲載されています。収録されている音声はスピードと訛りがランダムで、瞬時に対応できる瞬発力が身に付きます。例文も単語も実践英語への第一歩となるような、必要不可欠なものばかりです。総合的に英語力が高まる1冊です。

フィリップ タビナー (監修), Inc. AmEnglish.com (編集), Philip Tabbiner (原著)
出版社: ナガセ (2016/9/28)、出典:出版社HP

What is TOEFL IBT?

TOEFL iBT is the world’s best known and recognized test of English for use in academic settings. It is accepted around the world by universities, colleges, employers and governments as the standard in the measurement of English language fluency. It is a challenging and difficult test and necessitates knowledge and fluency in English. Please make sure before you sit for a TOEFL that you have had sufficient English skill building and frequent use of this practice tool.
TOEFL was originally known as the “Test of English as a Foreign Language.” TOEFL measures the ability of non-native speakers to use and understand English as it is spoken, written and heard in college and university settings. The questions, called items or prompts, simulate lectures, class discussions, study groups, campus life and course books from US-based colleges and universities. TOEFL iBT is developed and owned by Educational Testing Service (ETS). ETS is located in Princeton, New Jersey, USA, and its tests have been in the marketplace for decades in various forms and formats. Today’s version of TOEFL iBT is an internet-based version. It is administered to over 25 million people in more than 180 countries around the world. It is important to note that if you’re interested in English in the workplace setting, you ought to direct your attention to TOEIC, as TOEFL is particularly oriented to English in academic settings, particularly university a college settings in Canada, USA, Australia and New Zealand.

TOEFL iBT ZIH?
TOEFL iBTは学術機関での英語の使用に関し,世界で最も認知度 の高いテストです。世界中の大学等の教育機関、企業および政府が英 語能力を測定する基準として採用しています。テストは英語の知識および使いこなす能力を要する,難しくまたやりがいのあるものです。 TOEFLの受験までに十分な英語能力を身につけられるよう,この実行 ツールを何度も活用し準備しましょう。
TOEFLは“Test of English as a Foreign Language”の略で,米国 の大学機関における質問,課題,講義,ディスカッションクラス, スタ ディーグループ,学校生活および教科書など、英語を母国語としない人 が大学機関において英語を話す,書く、聞き取る場面で英語を使用し 理解する能力を測定するためのものです。TOEFL iBTはEducational Testing Service (ETS)が開発・運営するもので、ETSは米国ニュー ジャージー州プリンストンに拠点を置き,本テストは様々な形式によって長期に渡り実施されています。今日のTOEFL iBTはインターネット 形式で実施されています。世界の180か国以上の国々で2500万人もの 人々が受験しています。TOEFLは大学機関,特にカナダ,米国,オー ストラリアおよびニュージーランドの大学で使用する英語能力の測定を 目的としていることから、企業や職場で使用する英語に興味がある場合 はTOEICの受験を考慮した方がよいでしょう。

フィリップ タビナー (監修), Inc. AmEnglish.com (編集), Philip Tabbiner (原著)
出版社: ナガセ (2016/9/28)、出典:出版社HP

SPECIAL FEATURES

The most “native” English word book made in the USA
As is widely known, the TOEIC and TOEFL examinations are conducted by the American company ETS (Educational Testing Service https://www.ets.org). On the other hand, AmEnglish is the only American company which cooperates with ETS and publishes official teaching materials for the TOEIC and TOEFL. In this book, AmEnglish stringently selected English words, sentences, and voices under the supervision of Dr. Philip Tabbiner (the former Senior Vice President at ETS).
Based on an enormous quantity of data from the TOEFL TEST, AmEnglish strictly selected the English words which are “actually” necessary for Japanese students. So that “you can understand the frequent words and score highly on the TOEFL TEST”. And more importantly, so that “you can learn vocabulary which is essential to understanding university lectures”. As this book is designed by the American way” of selection, which is slightly different from the Japanese way, there are a lot of highly academic words, especially in the “Advanced” version. The reason is that these words are truly necessary for university life abroad. By mastering this book, we believe that you will not only get high marks on the TOEFL TEST, but also become “an internationally competent person.”

本書の特長
アメリカで作られた,最も「ネイティブ」な英単語集
本書がほかのTOEFL単語集と最も異なる点が,日本人学習者のため に本場米国で作られた単語集であるという点です。
ご存知の通り, TOEICやTOEFLの試験を運営しているのは,ア メリカにあるETS (Educational Testing Service) という機関です (https://www.ets.org)。そのETSの元シニア・ヴァイス・プレジデ ント(社長を補佐する上級役員)であるDr.フィリップ・タビナー氏を 監修に迎え、世界で唯一ETSと共同で公式補助教材を制作している米 国のAmEnglish社が,単語・例文・英語音声を厳選・制作しました。
過去に出題されたTOEFLテストの膨大なデータをもとに, 「TOEFL に頻出する英単語をおさえて高得点を取る」という目的だけでなく,「米 国大学における授業を理解するに足る語彙力を身につける」という目的 も見据えて,日本人学生に「本当」に必要な英単語”が徹底的に厳選され ています。日本人による通常の単語選出方法とは少々異なる「米国側」 の視点も含まれているため、特に「上級」編には相当にアカデミックで 見慣れない英単語もたくさん収録されていますが,実はこれが、海外大 学生活で本当に必要となる英単語です。みなさんには、ぜひこれをマス ターし, TOEFLで高得点を獲得するだけでなく,海外留学を経て「世 界で活躍する人財」になってほしいと思います。
※本書を制作するにあたり、まず最初にTOEFLテストに頻出する英単語を5000語厳選しまし た。そして、最頻出の2500語を「必修英単語2500」に収録し、その次に頻出度の高い(TOEFL iBTテストで高得点を獲得するために重要な) 2500語を「上級英単語2500」に収録しました。 TOEFL iBTテスト対策として、まずは120点満点中80点突破を目標に、「必修英単語25001 を完璧にマスターしてください。そのうえで、120点満点中100点以上を目指す人は「上級英 単語 2500」に進みましょう。

Perfectly contains the essential meanings for the TOEFL TEST

English words does not necessarily contain a single meaning for one word. In fact, many of them have several meanings. Although other English word books available today specifically describe meanings of a word just like a dictionary, most learners cannot memorize all of them. In the first place, there is no need to “translate English to Japanese” when you use English.
Therefore, it is much more effective to focus on the core meaning which can be applied to other meanings than to try to memorize a lot of meanings. Under such points of view, this book perfectly contains necessary and sufficient meanings for Japanese students, based on the rules that we mainly include: the core meanings” and “the meanings which are essential for the TOEFL TEST.”
Besides, related information, such as synonyms, antonyms, derivatives and idioms, is stringently selected as “essential for the TOEFL TEST” and “necessary for university life abroad.” Using this information as the core” and refering to a dictionary in day-to-day learning will surely improve your vocabulary.

TOEFLテストに必要な語義を完全収録
英単語は全てが「一語一訳」というわけではなく,1つの単語がいくつもの語義(単語の意味)をもつ場合も少なくありません。そして,既 存の多くの単語集には,語義などが辞書のように細かく掲載されていますが,その全てを完璧に覚えられる人というのは多くはありません。そ もそも、「英語を日本語に訳す」ことは、「英語を使う」ときに必要のない 作業でもあります。
よって,あまり多くの語義を覚えようとするよりも,あらゆる語義に 「応用」させて理解ができる“核”となる語義を中心に覚えた方が,はる かに効率的です。このような考え方のもと、下図のように,本書では 「“核”となる語義」と「TOEFLテストで問われる語義」を中心に掲載するという基本方針に則り,日本人学生に必要十分な語義を完全収録し ています。
なお,同義語・類義語・対義語・派生語・熟語などの関連情報についても, 「TOEFLテストに必要なもの」・「海外大学生活に必要なもの」 を厳選して収録してあります。これらの情報を「核」として,あとは日々 の学習の中で辞書等を随時活用し,語彙力を増強していきましょう。

HOW TO USE THE BOOK

Please use it freely
You readers surely like studying English and have your own learning methods. This word book is designed for everyone to use it easily. So please use this book as you like, referring to “the Keys” below.
The Keys to master English words
(1) Take in specific information by learning it repeatedly, not trying to memorize at once.
(2) Scan through the information you already know, and focus on the information you haven’t memorized. (Deepen your understanding of the meanings step by step)
(3) Read aloud the keyword and the sentence together so that you can memorize them together.

本書の使い方
ご自由にお使いください
本書をお使いのみなさんは,おそらく英語が好きで自分なりの学習法 を確立している方も多いかと思います。この単語集は、誰にでも使いや すいようデザインされておりますので、ぜひ下記の「コツ」を参考にしつ つ、自分に合った学習法でご自由にお使いください。
[単語マスターのコツ】
(1) 一度に全部を覚えようとせず,何度も繰り返し学習する中で,次第に細かい情報を詰めていく
(2) すでに覚えている部分は軽く流し,まだ覚えていない部分を重点的に学習する(記憶の薄い部分をどんどんなくしていく)
(3) 見出語や例文を何度も「音読」して一緒に覚える

本書で使う記号

【注意】本書の発音記号は「米音」ですが、CD 音声収録には「米」のほかに「英」「豪」のナレーターも加わっているため、発音記号と CD 音声が一部一致しない場合があります。ご了承ください。

CONTENTS

フィリップ タビナー (監修), Inc. AmEnglish.com (編集), Philip Tabbiner (原著)
出版社: ナガセ (2016/9/28)、出典:出版社HP