オーストラリアdeワーキングホリデー 改訂版

 


 

オーストラリアワーホリこの1冊

本書は、ワーキングホリデーでオーストラリアに行く人のための本です。住む場所や仕事の探し方、住民票、ビザの申請方法など基本情報がしっかりとまとまっています。本書を読めば、オーストラリアのワーキングホリデーの流れはひと通り理解できるため、エージェントに頼らずに自分で手配できるようになるでしょう。

SOH’s INVITATION
~オーストラリア de ワーキングホリデーのお誘い~
オーストラリアで英語が話せるようになりたい。
オーストラリアで仕事をしてみたい。
オーストラリアでホームステイをしてみたい。
オーストラリアでファームステイをしてみたい。
オーストラリアでOZとシェア生活をしてみたい。
オーストラリアでボランティアワークをしてみたい。
オーストラリアで日本語教師をしてみたい。
オーストラリアで語学学校に通いたい。
オーストラリアでキャンピングカーの旅がしたい。

オーストラリアでラウンド(1周旅行)がしたい。
オーストラリアで宮崎駿めぐりをしてみたい。
オーストラリアでフルーツピッキングをしてみたい。
オーストラリアで自分の可能性を試してみたい。
オーストラリアで自分のやりたいことを見つけたい。
オーストラリアで国際感覚を身につけたい。
オーストラリアで人生の洗濯をしたい。
オーストラリアでのんびりしたい。
オーストラリアでテニスがしたい。
オーストラリアでサーフィンがしたい。
オーストラリアでカイトサーフィンがしたい。
オーストラリアでパドルボードがしたい。
オーストラリアでボディーボードがしたい。

オーストラリアでウェイクボードがしたい。
オーストラリアでスノーボードがしたい。
オーストラリアでバンジージャンプがしたい。
オーストラリアでスカイダイビングがしたい。
オーストラリアでスキューバダイビングがしたい。
オーストラリアで釣りがしたい。
オーストラリアでコアラを抱きたい。
オーストラリアでカンガルーに触りたい。
オーストラリアでウォンバットに触りたい。
オーストラリアでイルカと泳ぎたい。
オーストラリアで真夏のクリスマスを迎えたい。
オーストラリアで真夏の正月を迎えたい。
オーストラリアでカジノをしてみたい。
オーストラリアで競馬を見てみたい。

オーストラリアでF1レースを見てみたい。
オーストラリアでゴルフの大会を見てみたい。
オーストラリアでテニスの大会を見てみたい。
オーストラリアでサーフィンの大会を見てみたい。
オーストラリアでダイビングの免許を取りたい。
オーストラリアでバリスタの資格を取りたい。
オーストラリアで児童英語教師の資格を取りたい。
オーストラリアで小学校英語教師の資格を取りたい。
オーストラリアで南十字星を見てみたい。
オーストラリアの自然を満喫したい。
オーストラリアに友人を作りたい。
オーストラリアに長期滞在したい。
オーストラリアに将来は永住したい。

この中のうち、1つでも「考えたことがある!」という方は、どうぞ読み進めてみてください。「準備で使える最新情報」や「ワーキングホリデーの不安をかき消す材料」、「オーストラリアでやりたいことへの近道」にめぐり合えるかもしれません。
オーストラリア ワーキングホリデー&留学応援 Facebook サイト
「A to Z Australia」管理人 小野田宗高 (SOH)
https://www.facebook.com/atozaustralia
E-mail: atozaus@gmail.com

小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち (著)
出版社: イカロス出版; 改訂版 (2015/12/11)、出典:出版社HP

ワーキングホリデー 1期生からの招待状♪

2年まで滞在できるオーストラリアdeワーキングホリデーの魅力
1980年12月に、世界初の試みとして日豪両国政府の取り決めで始まったワーキングホリデー(以下WH)制度は、すでに35年以上の運用実績があります。おかげでわたしのような、「WH制度がキッカケで永住権を取得してオーストラリア(以下AUS)に永住しました!」というWH卒業生も多数。

中にはOZ(オージーと読みますがAUS人の愛称)と結婚した人や、既に子供をAUSの現地教育で育てている人、OZを相手に日本食のレストランやヘアーサロン、ネイルサロンやマッサージサロンを経営している人など、数えきれないほどの業種でOZと職場を共にし、AUSの生活に溶け込んでいる日本人のWH卒業生がAUSにはたくさんいるのです。そんなAUSは、WHの頼れる先輩がたくさんいて、日本からいちばん近い英語圏の国。しかも一定条件を満たせば、最長2年間まで滞在できます。ぜひあなたもオー ストラリア滞在で、これからの人生変えてみませんか?

自分の力でオーストラリア。自立の旅

ところで、WH第1期生として今から35年前にAUSの土を踏んだわたしの時代には、今のように日本の留学斡旋業者は皆無。すべて自力でWHを行うのが当然でしたが、最近はどんなに英語ができなくても、初海外だとしても、留学斡旋業者にお金を払えば、その留学斡旋業者が企画した「WHパッケージツアー」のような感じでなんとかなっているのが現状です。しかし、必要以上の高額な手数料を支払う様性はもちろんのこと、いつまでも人に頼っていては、WHの意味は半減してしまいます。WHは自立への旅でもあるのです。

現在わたしは、日本の斡旋業者の暴利やサービス不足に泣かされたたくさんのWHメーカーのみなさんのために、2001年9月から現地激安価格にてWHや留学生の現地サポートを行う会社A to Z AUSTRALIAを運営。ワーキングホリデー・コーディネーターとして、これからAUSでのWHを目指している人達に、Facebookやブログを通してさまざまなアドバイスを行い、AUS到着後の人を対象に、WHに必要な英会話習得術や生活の知恵・裏技を伝授する仕事をしております。A to Z AUSTRALIAは2015年9月で 14周年を迎え、サポートしたメンバーの数も1300名を超えておりますが、その1300名以上のメンバーたちが、AUSに行く前に WHの情報をどこで集め、同時期に行くWHの仲間をどのように募り、不安な気持ちをどうやって安心に変えることができたのか、この本で具体化することにより、お金をかけずに「自分の力で行くオーストラリア」が実践できる「A to Z(いろは)」をお伝えします。

あなたもオーストラリア大好き人間の仲間入り

よくOZが口にする言葉で、No worries(ノーウォーリース「 心配ないよ」!) とか、Go ahead (ゴーアヘッド「やっちゃおうよ」!)という言葉があります。これは「心配ばかりして行動に移さなければ、何も考えてない人と同じじゃないか! 失敗を恐れずやってみようよ!」というOZ独特の考え方を象徴した言葉です。かくいうわたしもAUSに初めて来た当初は、どちらかというと考え込んであまり行動に移せなかったタイプだったため、よくこれらの言葉で背中を押されたものです。そうしてふと気づくとわたしはそんな行動力のあるOZに囲まれ、OZを育てた自然がたくさん残っている大地に育まれつつ、いつしか失敗を恐れず何でも行動に移せる「オーストラリア大好き人間」の仲間入りを果たしていました。
この本では「オーストラリアへ WHに行ってみたい!」と思ったことがあったり、いつかはと考えていたりするあなたが、考えたことをひとつずつ行 動に移してWHを実現させ、あと一歩踏み出して「オーストラリア大好き人間」の仲間に入れるよう、成功する WHの極意を日本出発前の準備段階からステップを踏んで詳しく解説していきます。

小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち (著)
出版社: イカロス出版; 改訂版 (2015/12/11)、出典:出版社HP

CONTENTS

これが夢の大陸、オーストラリアだっ! オーストラリアMAP
SOH’S INVITATION
ワーキングホリデー1期生からの招待状♪

第1章 INTRODUCTION ワーキングホリデー制度を知ろう!
ワーキングホリデーってどんな制度?
ファースト・ワーキングホリデー・ビザの取得条件とは
滞在計画をおおまかに決めておこう
オーストラリアならではのおすすめ滞在計画
COLUMN わたしがオーストラリアに永住したワケ

第2章 PLANNING ワーホリのプランを立てよう!
ワーキングホリデー実現までの道のり
出発までの準備期間、みんなの場合
ワーキングホリデー・ビザGET!
TIME SCHEDULE

第3章 ACTION! ビザ取得に動こう!
ワーキングホリデーにゼッタイ必要な公的書類を揃える
パスポートを取ろう!
ImmiAccountを作ろう!
これがファースト・ワーキングホリデー・ビザ申請書の書き方に

第4章 PREPARATION 長期滞在に備えて準備は万全に
3都市物価比較!
何しろ海外、できるだけリスクは避けよう
お金の持ち込み方、どうするのがベスト?!
やっぱり勉強しておこう、英会話
ワーホリ生活のための荷物
持って行く物リスト
オーストラリアへ荷物を送るには
郵送できる食料品の英語訳
どこでどうやって買う? オーストラリアへの航空券
ゼッタイに加入して行こう、海外旅行傷害保険
国際運転免許証を持って行く
国際学生証・国際青年証とユースホステル会員証
日本国民の義務! 公的手続について

第5章 COUNT DOWN いよいよオーストラリア生活スタート
仮の宿を予約しておこう
到着空港での入国審査
空港から市内へのアクセス、住所の見方
COLUMN 犯罪発生率の高い都市と地域 in Australia

第6章 STAY オーストラリア生活を満喫!
おすすめ現地無料エージェント
銀行口座の開設、在留届けの提出
銀行口座開設時のワンポイント英会話
TAXファイルナンバー(TFN)を取得する
ライフスタイルはどうする?
住まいカンケイのワンポイント英単語
通信環境をととのえる
語学学校の探し方
WHメーカーのアルバイト事情
税金の払い戻しを受けよう
仕事カンケイのワンポイント英単語
知っておきたい生活情報、医療・緊急、アクティビティ

第7章 ABOUT AUSTRALIA この国のことをもっとよく知ろう
オーストラリア基本情報
主要都市情報

第8章 REPORT ワーホリ経験者たちの体験談
「ワーホリをした結果思いもよらぬ方向へコマが進んだ人の一例」安藤亮太さん
「わくわくすることを選んでみては?」KOKOROさん
「一生に一度の人生。迷ったら行くべき!」奥山知博さん
「Smiling days in AUS」柏原大真さん
「勇気が挑戦へと導き、心は繋がる」YUKAさん
「目的は常に持って!! 人生一度の経験を充実させよう」大島太郎さん
「そこからでてみませんか?」 CHIAKIさん
「積極的な行動が導いてくれたわたしのワーホリライフ♪」Hiromiさん
「ミートパイに魅了されてワーホリ決断」Shoichiroさん

第9章 SECOND WORKING HOLIDAY 世界初! セカンド・ワーキングホリデー
セカンド・ワーキングホリデー・ビザの魅力をご紹介!
セカンド・ワーキングホリデー・ビザの取得条件とは?
セカンド・ワーキングホリデー・ビザを申請しよう!
これがセカンド・ワーキングホリデー・ビザ申請書の書き方だ

第10章 QUESTION & ANSWER ワーホリ希望者のための質問箱
ファースト・ワーキングホリデー・ビザについて
セカンド・ワーキングホリデー・ビザについて/航空券について
オーストラリアの運転免許証について/お金について
パソコンやスマホ、その他の持ち込み物について
ホームステイとOZシェアについて
あとがき「わたしがゴールドコーストを選んだワケ」

本書を読むにあたって

■本書は2015年冬までにオーストラリアでワーキングホリデーを体験された方々の体験をもとに編集されています。

■オーストラリアワーキングホリデービザの取得方法、現地での手続きなどについては変更になる可能性があります。
必ず最新の情報を大 使館もしくは領事館、関係機関で確認をしてください。

■本書に記載されているデータは最新の情報を掲載しましたが、物価の変動などによって変わる可能性があります。

■体験談や寄稿記事は、あくまでも個人の主観であることをご了承願います。

■本書で「ドル」と表記されているものは、すべてオーストラリアドル(AS)を指します。■AS1-389.50円(2015年11月12日現在)

小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち (著)
出版社: イカロス出版; 改訂版 (2015/12/11)、出典:出版社HP