成功する留学 ワーキングホリデー完ペキガイド (地球の歩き方 成功する留学)

 


 

ワーホリ101

本書は、ワーキングホリデーについての体験記や情報が載った本です。ワーキングホリデーやワーキングホリデー語学学校の体験記を、さまざまな国のワーキングホリデー経験者が書いています。また、ワーキングホリデーに行くために必要な予算や語学力、スケジュールについても詳しく解説してあります。

Contents

Working Holiday Report
❶オーストラリア・クイーンズランド州 ガトン 中島 広大さん
公務員を辞めてオーストラリアへ 英語教師の夢に向け、着実に前進
❷ニュージーランド・クイーンズタウン 古澤 梨枝さん
外国人患者さんの声を聞きたい 英語の話せる看護師を目指して
❸カナダ・トロント 大槻奨さん
さまざまなチャンスに恵まれたカナディアンライフ
❹イギリス・ロンドン 近藤 真衣さん
イギリス人の暮らしに触れ、やがてつかんだ自分らしい生き方
❺フランス・ルーアン加藤 希美子さん
食で人は笑顔になる! さまざまな出会いに満ちた海外生活
❻ドイツ・ベルリン溝口希さん
音楽の本場・ドイツで磨く ピアノの技術と豊かな感性

●『成功する留学』カウンセラーに聞いた! 船津 直さん
INTO RODUCTION
●ワーキングホリデーとは?
●ワーキングホリデー10ヵ国2エリア比較チャート
●ワーキングホリデーで何ができる?
●ワーキングホリデーData
●ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデー体験記
①オーストラリア 綱嶋 菜穂子さん
国籍や言葉の壁を取り払い、互いに歩み寄ることの大切さを実感
②オーストラリア 岩波 美由紀さん
保育士の資格を取得し、デイケアセンターで働く日々
③オーストラリア 川瀬 歩美さん
憧れていた海外生活 ワーホリで本当に好きな仕事が見つかった!
④カナダ 寺井 昌子さん
ワーホリでの目標を果たし、次はインターンシップへ
⑤カナダ 土田 孝行さん
語学学校や仕事を通じ、苦手な英語がどんどん上達!
⑥イギリス 向田 幸恵さん
アロマセラピーと出会い、第一人者のもとで学ぶことを決意
⑦イギリス 支倉 沙都子さん
お菓子の本場の国で技術のレベルアップを達成し、お菓子教室をスタート!
⑧デンマーク 今井 愛莉さん
前例のなかったワーホリを達成! 各国の人々から価値観の違いを学んだ
⑨香港 藤田 麻衣さん
就労経験で得た自信を糧に、現地での起業という夢に向けて走り続ける
▶Mail Box:香港 大橋 悟さん
成長し続ける香港経済に触れ、ビジネス立ち上げへの決意が固まった
ワーキングホリデー語学学校体験記
①オーストラリア 平野 友喜さん
英語への苦手意識をなくすため徹底的に勉強 3つの資格を取得して自信に
②ニュージーランド 北代 紗也さん
スランプを乗り越えた先の目標は、英語で医学を学ぶことを
③カナダ 奥村 洋司さん
大学を休学してカナダへ 興味を通じて語学力とコミュニケーション力が向上
各国共通情報
出発までのスケジュール
ビザ取得情報をふまえスケジュールを組もう
情報収集
本やインターネットなどでまずは渡航国の情報収集を
エージェントの利用を検討する
語学力がなくても安心、間違いがなく確実に手配ができる
予算について
総予算は一般的に100万~200万円程度
費用見積もりチャート
語学の勉強をしておこう
滞在の充実度は語学力で決まる
語学学校に申し込む
語学学校の手配は出発前に済ませよう
パスポートの取得
まず必要なのはパスポート 有効期限もしっかりチェック
航空券の手配
行き先や目的に合わせて賢く航空券を選ぼう
海外旅行保険
万が一の病気やケガに備えて保険には必ず加入しておこう
お金の準備
安全でロスの少ないお金の持って行き方とは?
海外で役立つ証明書類
安く旅行したり、学割を受けたり、あれば役立つ証明書類
履歴書を用意する
仕事探しのためには、現地言語の履歴書が必要
荷物の準備
持って行く荷物は当面の分、あとは別送か現地調達で
出発前にやっておくこと
1年間日本を留守にするために必要な手続き
日本出国
空港へは、遅くとも出発の2時間前に着こう
入国
必要書類をきちんと用意すれば入国審査は怖くない
現地生活スタート
しっかり休養をとったり、生活情報を収集しよう
住まいを探す
目的に合った住み方を見つけよう
ホームステイを楽しもう
快適なステイにするために、心得ておきたいこと
格安宿泊施設の利用
ユースホステル、バックパッカーズを利用する
語学学校に通う
ワーキングホリデーの語学習得は短期決戦!
友達をつくる
パーティやスポーツを通じて多国籍の友達をつくろう
安全対策
自分を守るのは自分、常に安全に気を配ろう
▶安全のための10ヵ条
▶︎盗難・紛失に遭ったとき
ワーキングホリデー必須用語
サバイバル英会話
現地でインターネットを利用するには
ワーホリメーカーのキャリアコンシェルジュ
鈴木信之氏からのメッセージ
Pathway to Will 成功への道しるべ
①オーストラリア 小宮 由佳里さん
1年間の滞在を延長して、目標のケンブリッジ英検FCEを取得
②オーストラリア 水野 慎一郎さん
研究者への道から一転、ワーホリへ「やりたい!」と思える仕事を見つけた
③カナダ 並木 亜友美さん
海外ウエディング市場での仕事を経て、帰国後は一度落ちた会社に採用された!
④カナダ 田原 歩さん
アルバイトや語学学習にとことん打ち込み、TOEICのスコアアップも達成

地球の歩き方編集室 (著)
出版社: ダイヤモンド社; 改訂第8版 (2014/9/27)、出典:出版社HP

オーストラリア
▶オーストラリア基本情報
・オーストラリアってどんな国?
▶情報を集める
・オーストラリアについての知識を深める
・インターネットで知るオーストラリア
▶ビザの申請
・ビザの申請は、インターネットで行う
▶現地での情報収集
・仕事探しもシェア情報も、情報収集からスタート
・情報が得られる場所
▶実際にあったトラブル!

ニュージーランド
▶ニュージーランド基本情報
・ニュージーランドってどんな国?
▶情報を集める
・ニュージーランドについての知識を深める
・インターネットで知るニュージーランド
▶ビザの申請
・ビザの申請は、インターネットで行う
▶現地での情報収集、
・仕事探しもシェア情報も、情報収集からスタート
・情報が得られる場所
▶実際にあったトラブル!

カナダ
▶カナダ基本情報
・カナダってどんな国?
▶情報を集める
・カナダについての知識を深める
・インターネットで知るカナダ
▶ビザの申請
・ビザの申請は2段階それぞれインターネットで行う
▶現地での情報収集
・仕事探しもシェア情報も、情報収集からスタート
・情報が得られる場所
▶実際にあったトラブル!

イギリス
▶イギリス基本情報
・イギリスってどんな国?
▶情報を集める
・イギリスについての知識を深める
・インターネットで知るイギリス
▶ビザの申請
・定員が少なく抽選で決定取得困難な人気のビザ
▶現地での情報収集、
・仕事探しもシェア情報も、情報収集からスタート
・情報が得られる場
▶実際にあったトラブル!

アイルランド
▶アイルランド基本情報
・アイルランドってどんな国?
▶情報を集める
・アイルランドについての知識を深める
・インターネットで知るアイルランド
▶ビザの申請
・申請時期は年に2回 大使館へ申請書を郵送する
・情報が得られる場所
▶現地での情報収集、

フランス
▶フランス基本情報
・フランスってどんな国?
▶情報を集める
・フランスについての知識を深める
・インターネットで知るフランス
▶ビザの申請
・滞在期間の計画に注意 期間途中や終了後のビザ切替は不可
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

ドイツ
▶ドイツ基本情報
・ドイツってどんな国?
▶情報を集める
・ドイツについての知識を深める
・インターネットで知るドイツ
▶ビザの申請
・ワーホリビザの申請は1年中可能
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

デンマーク
▶デンマーク基本情報
・デンマークってどんな国?
▶情報を集める
・デンマークについての知識を深める
・インターネットで知るデンマーク
▶ビザの申請
・ビザの申請は入国の2~3ヵ月前に
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

ノルウェー
▶ノルウェー基本情報
・ノルウェーってどんな国?
▶情報を集める
・ノルウェーについての知識を深める
・インターネットで知るノルウェー
▶ビザの申請
・10カ国目のワーホリ先 在日公館からしっかり情報を集めよう
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

韓国
▶︎韓国基本情報
・韓国ってどんな国?
▶︎情報を集める
・韓国についての知識を深める
・インターネットで知る韓国
▶ビザの申請
・現地でのワーホリビザ申請は不可 手続きは日本国内で
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

台湾
▶台湾基本情報
・台湾ってどんなところ?
▶情報を集める
・台湾についての知識を深める
・インターネットで知る台湾
▶ビザの申請
・1年滞在する予定の場合は途中で延長することを忘れずに
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所

香港
▶香港基本情報
・香港ってどんなところ? .
▶情報を集める
・香港についての知識を深める
・インターネットで知る香港
▶ビザの申請
・ビザ発給数の定員に注意 渡航を決めたら早めに申請しよう
▶現地での情報収集
・情報が得られる場所
学校データページ
『成功する留学」が選ぶ語学学校TOP3
●データページの見方
・オーストラリア
・ニュージーランド
・カナダ
・イギリス
・アイルランド
・フランス
・ドイツ
学校データバンク
●データバンクの見方
・オーストラリア
・ニュージーランド
・カナダ
・イギリス
・アイルランド
・フランス
・ドイツ

本書をご利用になる前に

本書は、2014年夏までにオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、デンマーク、香港でワーキングホリデーを体験された(もしくは現在体験中の)方々の体験をもとに編集されています。

寄稿記事は、多少主観的になっても、体験者の印象、評価などをそのまま載せるほうが参考になりますので、できるだけ原文に忠実に掲載しています。仕事や滞在先を選ぶ際は、あくまでも特定の個人の印象であることを念頭においたうえで参考にしてください。なお、本書内の体験談は、実名もしくは仮名で掲載しています。

ワーキングホリデー・ビザ(国によって査証の名称はそれぞれ。本書では便宜上ワーキングホリデー・ビザという名称で統一しています)の取得方法などについてはよく変わるので、必ず最新の情報を大使館もしくは領事館で確かめてください。本書の説明と相違する部分が生じた場合には、大使館または領事館の指示に従ってください。また、各機関、団体などの連絡先(URLのhttp://部分は省略して記載しています)については予告なく変更される場合がありますのでご注意ください。

データ部分は、編集締め切り時点までに入手できた最新のものにしていますが、記述が具体的になればなるほど、時間の経過とともに内容に多少のズレが出てきます。特に、仕事の賃金やフラット/アパートの賃貸料などについては、物価の変動によって変わる可能性があります。

本書に記載されている金額の単位は、A$はすべてオーストラリア・ドル(A$1=95円)、N$はすべてニュージーランド・ドル(NB133) 88円)、C$はすべてカナダ・ドル(C$1=394円)、€はすべてユーロ(B1=140円)、£はすべてイギリス・ポンド(E1-172円)での価格を表しています(為替レートはすべて2014年5月現在)。

地球の歩き方編集室 (著)
出版社: ダイヤモンド社; 改訂第8版 (2014/9/27)、出典:出版社HP