完全攻略! TOEFL iBT(R) テスト リーディング リスニング 完全攻略! 

 


 

リーディングとリスニングを本番同等のレベルで

本書は、TOEFLのリスニングとリーディングのセクションの対策集です。各セクションの概要を最初に学び、力試しテストで、実力を測り、攻略法を学んでいくこととなります。模擬試験もあり、本物のTOEFLに近づけているため、実力を測ることに活用できるようになっています。

はじめに

この本の主旨は、TOEFL iBTのスコアを伸ばしたいと努力する皆様を力強く応援するこ とです。昨今の日本では、高い英語運用カへの社会的要求は高まる一方です。英語を勉強し た(あるいは、している)事実より、学問やビジネスの場で英語を使いこなせるかどうかが重 視されるようになりました。こうした流れに伴い、学問やビジネスの現場からの要求を満た す英語運用力測定試験として、TOEFL iBTの重要性がますます高まってきています。

TOEFL iBT は現在も、主に英語圏各国の大学への留学志願者の評価基準として広く採用さ れています。それは取りも直さず、この試験が、最も広範囲かつ難易度の高いアカデミック 分野にかかわる英語運用力の計測方法として、いかに正確かつ信頼できるかを示しています。 逆の立場、つまり受験者側から見ると、TOEFL iBTのスコアを上げていく努力は英語力を 上げる努力そのものであり、TOEFL iBTの枠組みに則って学習を続けることは英語話者へ の近道と言えます。

TOEFL iBTは広大な領域をカバーする試験なので、最初はどこから手をつければいいかわか らないと感じる学習者が大勢います。本書は、スピーキングとライティングにフォーカスし、 妥協することなく本物のTOEFL iBTのレベルや難しい点をお伝えし、皆様に高得点への道 筋が見えるところまで行っていただくことを目標にしています。姉妹編の『完全攻略! TOEFL iBT® テストリーディングリスニング」と併用すると、より効果的です。

本書でご紹介している攻略法の数々のポイントは、英語専門スクールであるオレンジバード で留学準備に励む受講生との日々の対話から導き出されました。そして、本書に掲載している2つの模擬試験、その日本語訳や解説、攻略法に関しては、とにかく臨場感、本物感があるように、注力しました。ぜひ隅から隅まで使い倒していただきたく思います。

本書は著者一人の力で実現したものではなく、奥付に記載する英文執筆者、翻訳者、校正者、 また、優秀な編集者チームとの協働で完成しました。この場を借りて、略儀ながら深く御礼 を申し上げます。なお、本書における一切の至らない点は著者に帰するものです。

TOEFL iBTに挑む皆様のチャレンジは、けっして楽なものではありません。しかし、英語を 習得し見識を広げる上で非常に有益なものだと信じてください。弱音を吐いてもいいですし、挫折感を味わってもいいですが、諦めてはなりません。諦めないでやり続ければ、必ず希望 のスコアに到達できます。皆様のご成功をお祈り申し上げます!

株式会社オレンジバード コチェフ アレクサンダー
2018年1月吉日

コチェフ アレクサンダー (著)
出版社: アルク (2018/8/29)、出典:出版社HP

目次

はじめに
本書の学習の進め方
TOEFL iBT +受験の心得
付属CD-ROMの内容と使い方

Chapter 1 リーディング・セクション
Part 1 セクション概要
Part2 カだめしテスト
Part3 カだめしテストの解答と解説
Part 4 リーディング攻略法

Chapter 2リスニング・セクション
Part 1 セクション概要
Part2 カだめしテスト
Part3 カだめしテストの解答と解説
Part 4 リスニング攻略法

Chapter 3 模試に挑戦!
Part 1 模試:リーディング
Part 2 模試:リスニング
Part 3 模試の解答と解説:リーディング
Part 4 模試の解答と解説:リスニング

語彙リスト:重要単語・熟語 厳選 100

本書の学習の進め方

本書は、スピーキング、ライティング・セクションごとの「カだめしテスト」「攻略 法」と、両セクションを合わせた「模試」で構成されています。 「力だめし」⇒「攻略法」 ⇒ 「模試」の順に取り組むことで、高得点を獲得するための 実力を身に付けます。
次のような流れで本書を進めてください。
1 全体の概要をつかむ
最初にP.8~9を読んで、TOEFL iBTの全体の構成を把握しましょう。

2 Chapter 1.2:各セクションの概要を把握
「セクション概要」では、大まかな出題パターンや特徴、PC画面での操作方法を紹 介しています。TOEFL iBTの問題形式や試験の流れを確認してください。

3 Chapter 1.2: セクションごとに「力だめしテスト」を解く
実際の試験と同形式のテストに取り組んで、今の自分の実力を把握しましょう。 テスト問題の前ページにあるテストの受け方を確認してから始めてください。

4 Chapter 1.2 :「力だめしテスト」の解答と解説を読む
テスト終了後、解答一覧表で答え合わせをしたら、テスト問題の「解答と解説」の1 ページ目に掲載されている換算表で、スコアを出してみましょう。答え合わせをするだけでなく、「訳」と「解説」を読み込んで、テストの復習をしてください。

5 Chapter 1.2:各セクションの攻略法を読む
セクションの全体像の詳細を説明し、高得点を目指すために必要な心構えや練習 方法、攻略法を紹介しています。これからの学習の指針にしてください。

6 Chapter 3:「模試に挑戦!」に取り組む
2つのセクションについて、実際の試験と同形式のテストに取り組んで、学習の総 仕上げをします。

7 Chapter 3: 模試の解答と解説を読む
「力だめしテスト」と同じように、答え合わせをした後に、「訳」「解説」を利用して テストの復習をしてください。準備不足の点を洗い出して、万全の態勢で本番に臨 みましょう。

8「重要語句一覧」「付録」:復習と実践練習をする
「重要語句一覧」には、本書のテストのパッセージや会話に登場した重要単語とフレーズを収録しています。音声を活用して、語彙の意味と正しい発音を学びましょう。同時に、自分でもしゃべれるように繰り返し練習して、実際のテストに役立ててください。

また、巻末に「付録」として、スピーキング、ライティング・セクションの解答時に使える便利なフレーズ集と、スピーキング・タスクに出題されるトピックの例を収録しています。トピック例の方は、話すポイントを書き留めたり、実際にスピー チをまとめてみたりできるようなメモ欄を付けてありますので、ワークブックとして活用し、その後、実際に解答しているつもりでしゃべってみましょう。
9 本番前に、「受験の心得」を確認
本試験が近くなったら、「受験の心得」(P.10) を確認して、本番に備えましょう。
おことわり:本書に掲載・収録されている英文・設問には学術的・専門的な内容が含まれております が、一部最新の情報ではないものや事実とは異なるものも含まれています。また、内容の真偽を問う たり、特別な意図を含んだりすることは一切ありません。

コチェフ アレクサンダー (著)
出版社: アルク (2018/8/29)、出典:出版社HP

テストの概要

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、英語を母語としない人々の 英語コミュニケーション能力を測るテストとして、1964年にアメリカの非営利教育 団体であるEducational Testing Service (ETS) により開発されました。

◆TOEFL iBT の特徴 大学でのコミュニケーションに必要となる「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を 総合的に測定します。iBT は Internet-based Testingの略称です。
●全セクションをコンピューター上で受験します。
●全セクションでメモをとることができます。
スピーキングでは、質問に対してマイクに向かって話し、回答の音声が録音され ます。
●ライティングでは、回答をPCでタイピング入力します。
●大学の講義を理解したり、参考文献を読んだりするなど、学生生活を送る上で必 要なアカデミックな英語力が問われます。
統合型問題(Integrated Task)では、「読んで聞いた内容を話す・書く」といった、 スキルを組み合わせて課題を遂行する力が測定されます。

TOEFL iBTとTOEFL ITPの違い
TOEFL ITP は、ペーパー形式の団体向けテストです。ITPにはスピーキングとライティングのセクションはありません。一般に「TOEFL」というと、iBTのことを指し、海外の大学への進学に必要な英語力としても、iBTでのスコアが求められる場合が多いです。

テストの構成
テストの所要時間は約4時間半です。本書では、色文字で表示した2つのセクション の対策をします。

表1

TOEIC iBT受験方法について
▼国際教育交換協議会(CIEE) TOEFLテスト日本事務局 https://www.cieej.or.jp/toefl

受験の心得

◆方法論よりも「量」をこなすTOEFL iBTの準備は、多くの受験予定者にとって、英語学習者から英語話者へと脱皮していくきっかけとなります。高いスコアを目指すのなら、とてつもない時間と 労力を投入していくことが前提です。現役大学生の初受験の平均スコアは40点台と 推測していますが、英語圏大学の留学を目指すうえでは、その倍の80点以上(90~ 110点台を条件にする大学も珍しくない)を取らなければなりません。スマートな対 策法の模索に時間をかけるより、並外れた量の練習をこなしたほうが早く目標スコアへの到達が叶います。高いスコアを取ろうとしている人のゴールは、「スコアアップ(目標到達)」か「ギブアップ(途中で諦める)」しかありません。TOEFL iBT では、「失 敗」という状態はほぼ存在しないのです。

◆試験前日は心と身体を休める試験準備は、受験の前々日をもって、終了あるいは一時停止しましょう。試験前日は、「勉強」に向かないのです。しっかり寝ることが一番重要です。1日でレベルアップは絶対にできません。試験前日は、すでに持っている知識やスキルを4時間続く“マラソン試験”でフルに出し切れるように、心と身体を労わってください。

◆試験当日の過ごし方

●試験当日は、英語頭に切り替えるために、出発前あるいは試験会場に向かう最中に、英語の音声を聞くことをお勧めしています。

●試験会場にはなるべく早く到着しましょう。受付は30分程度行われるので、最初に受付を済ませた受験者がリーディングセクションを終えてリスニングセクションに取り掛かっている最中に、受付が最後だった受験者はリーディングセクションを始めたばかりです。当然、先に入ったほうは静かな中でリスニングに集中で きます。後から始めた人がリスニングを解く頃になると、先に入った受験者はスピーキングまで進んでいます。

●リスニングセクション終了後の10分の休憩は、3つのことをするために使いましょう。
1少し食べる(バナナ1本やおにぎり1つ程度の軽食がお薦め!)
2水分補給をする(集中力維持のために不可欠!)
3トイレ(試験の真っ最中でも行けますが、時間のカウントは止まりません!)
Good Luck!

コチェフ アレクサンダー (著)
出版社: アルク (2018/8/29)、出典:出版社HP