【点数up?】TOEFLのリスコア(再採点)で気を付けるべきことと失敗談

 


 

TOEFLのリスコア(再採点 / レビュー)概要

TOEFLリスコア(再採点 / リレビュー)は、TOEFLスピーキングスコアまたはライティングスコア(あるいはその両方)を再採点をしたい時に使うシステムです。 (リーディングとリスニングのスコアは変更できません。)このサービスを通じて、受講者はスピーキング/ライティングのみにおいて、スコアを再評価してもらい、新しいTOEFLスコアを取得することができます。

その再採点されたスコアはどのようになるのでしょうか。

もちろん可能性としては3パターンあります。もとのスコアより
・高い
・同じ
・低い
のどれかにとなります。そして、再採点されたスコアがオフィシャルの記録として残ることになります。

リスコア(再採点)の料金

さらにはTOEFLリスコアですが無料ではなく ETSには1つのセクション(スピーキングまたはライティング)につき、スコアの再審査に80 USD、両方のセクション(スピーキングおよびライティング)のスコアの再審査に160 USDを払わなくてはいけません。

それらが返金される場合もあります。それはスコアに変動があったときです。それは上がるにしても、下がるにしてもどちらにしてもスコアが変わった場合、上記の料金が払い戻しされます。 一方、スコアが変わらない場合は返金はありません。 

実際に再採点をして、スコアはあまりかわらない、、

ほとんどの人は、再採点を求めるのかと言うと、点数を上げたいためにやるのですが、採点機関であるETSが採点ミスをしたり過小評価のため、本来ならもう少しスコアがあってもいいはずではないかと思ってやるはずです。(いや、このスコアはもらいすぎだと思っているので、下げてほしいと願ってする人はいないかと思います。)

ただし、TOEFLのリスコアが必ずしも高いスコアになるわけではありません。 実際、ほとんどの場合、スコアは同じままという事実です。 これは、TOEFLレビュアー、つまり採点者は高度に訓練されていますし、すべての採点のマニュアルを正確にフォローして適切なスコアを提供しているためです。

変化がない場合は、このようなメールが来ます

Dear ○○

Your request for a re-score of the Speaking (またはWriting, またはその両方) section of your TOEFL iBT® test registration ID ○○ taken on 日付 has been processed.

Your spoken responses (またはWriting, またはその両方)  were reviewed by two qualified raters who have confirmed that your original test scores are correct as reported.

If you have any questions regarding this matter, please do not hesitate to contact us.

まとめ

TOEFLにはリスコア(再採点)の制度があります。
受験後30日後までなら、自分の納得のいかないスコアだったときにスコアの見直し申請ができるというものです。

これを利用すれば目標の点数に届くかもしれない、と考えて申請使用と考える人がいるかもしれません。しかし、リスコアをするにあたって気をつけなければならないポイントが3点あります。

1つ目は、リスコアによってスコアが変わった場合、変更後のスコアが正式なスコアになるということです。上がった場合に限らず、下がった場合も変更後のスコアが適用されてしまうので注意が必要です。

2つ目は、リスコアで点数が下がってしまったからもう1度申請したいと思っても、リスコアはできるのは1回だけということです。

最後に、リスコアのための料金は、1セクションにつき80ドルです。SpeakingとWritingどちらも申請するには160ドル必要になります。

料金だけで見てもリスコアが気軽にできるものではないということがわかると思います。

〈体験談〉リスコアで大失敗

留学をするためにTOEFLを受験したAさん。過去最高点は出せたが、希望する学校のスコアにはあと少し届かない。そこで、リスコアの制度を利用し点数を上げたいと考えたのです。
数週間後リスコアの結果を見てみると、なんと申請前よりも点数が大幅に下がっていました。
その結果、Aさんは希望の学校に留学できず、自分の最高点まで失ってしまったのです。

もちろん、リスコアで点数が上がる人は実際にいるため、絶対にやるべきではないということではありません。ただ、やみくもにリスコアを申請するだけでは時間とお金の無駄になってしまいます。

もしスコアが下がったら自分はどんな不利益を被るのかを考えてから申請しましょう。リスコアの制度を生かすも殺すもあなた次第です。

TOEFLのリスコア(再採点)の問い合わせ

TOEFL®テスト主催団体 Educational Testing Service(ETS)
Customer Support Center in Japan

TEL:0120-981-925(フリーダイヤル)(9:00~17:00 土日祝休)
Eメール:TOEFLSupport4Japan@ets.org