現在形の正しい意味とは? 【TOEIC®から学ぶ基礎英文法(13)】

動詞の基本形といえば現在形だ。現在形と聞くと「今している行為」を表すように思えるが、それは大きな間違いである。中学校で最初の方に習う現在形だが、正しく理解していない人が多いように思える。そこで、現在形の正しい使い方をTOEIC®満点と英検1級を保持し、「ブラスト英語学院」の運営をしている中野太郎氏に説明してもらった。

 

英会話、文法、単語、リスニング、各資格、ビジネス、子供英語etc
出典:各書籍出版社HP

現在形は不変的な事象を表現できる

今回は動詞の基本である現在形について教えていきます。動詞の現在形は文法でも初歩段階で習うため、分かっていて当たり前と思われがちですが、意外と適切に使われていないケースを目にします。例えば、突然外国人に「レストランはどこですか?」と聞かれ、「今私も行くところです」といった返答をするとしましょう。皆さんならどのように答えますか? 良くある答えとしては「I go to the restaurant, too!」があります。

しかし、これでは文法的に間違っております。現在形の「現在」とはまさに「今」を表しています。「今」という時は、0秒で過ぎてしまいます。極端な話、現在形が今現在のことを表すのであれば、「今、私もレストランに行く」という言葉を0秒以内に話さなければ適切ではありません。ですが、実際問題そんなことは不可能に近いことです。では、どのような場合に現在形が使われるのでしょうか?

例えば「彼は背が高い」という表現をするとします。これを英語で表現すると、「He is tall」という動詞の現在形を使ったシンプルな文になります。なぜ、ここでは現在形が使えるのでしょうか? それは、「彼は背が高い」という事実は、恒久的に変わらないことだからです。つまり、いつどの時点・長さで話しても、「彼は背が高い」ので現在形が使用できるということです。

ただし、彼の背が低くなってしまったときには表現が変わります。(彼は背が高かったのに)彼は背が低いと表現する場合は、「He has been short」となります。この場合、彼はずっと背が高いわけではなくなってしまったので、現在形が使えなくなりました。「彼は背が高かった」という期間が完了し、その時点から現在に至るまで「彼は背が低い」という状態を継続しているので「現在完了形」を使います。

また、「彼は背が高かった」という表現をするときも、生まれてから背が低くなるまでの期間限定で背が高かったので、「He had been tall.」という現在完了形になります。このように現在形の動詞は、今後も不変なことに対して使用することができます。

習慣や一般常識を表現するときも現在形を使える

次に、「彼は毎日歯を磨いている」という習慣を表現したいときも、「He brushes his teeth every day」というように動詞の原形を使用できます。なぜなら、毎日歯を磨くという「習慣」は、今後もずっと変わらず続くからです。今の時点で「彼は毎日歯を磨く」と言っても、未来の時点で「彼は毎日歯を磨く」と言っても、現在の時点で彼は毎日歯を磨いているのです。そのため、根底的には不変の原理がここでも働くので、「習慣」を表す場合には現在形を利用できるのです。

続いて、「Winter is cold(冬は寒い)」のような一般常識にも現在形を使用できます。(寒くない冬はありますが)冬が寒いというのは不変の常識です。つまり、冬が寒いということは一般的な常識であり、いつの時点で話しても冬は寒いままなのです。

さて、現在形の使い方を理解してきたところで問題を解いてみましょう。TOEIC®の文法問題では、現在形を解答する問題はあまり見かけませんが、選択肢の中に現在形を混ぜて間違いを誘う問題を見かけます。それでは次の問題を見てください。

問題:Ms. Yamada will discuss about the accident she ______ in front of our office yesterday.
(A)sees
(B)saw
(C)will see
(D)see

この問題は動詞の時制を問う問題です。問題を解く前の条件として見ておきたいことは、問題文における関係代名詞の省略の有無です。関係代名詞を入れて問題文を書き直すと「Ms. Yamada will discuss about the accident [that] she ______ in front of our office yesterday」となります。つまり、that以下の文は、問題文に挿入された「節」で独立した文と考えて良いのです。

ここで分かり易く文を2つに分けると、「Ms. Yamada will discuss about the accident」と「She ______ [the accident] in front of our office yesterday」と分割できます。

このようにすれば簡単ですね。彼女は事故を「yesterday(昨日)」見たので、答えは過去形の(B)sawです。主節に未来形が入っているので、過去のことを表現する従属節には、未来から見て過去に当たる「現在」と考えて、現在形の答えを選んでしまうかもしれません。しかし、上述した通りに現在は0秒しかなく、時制としては不変なものしか表せないということを知っていれば、現在形を選ぶことはなくなります。

いかがでしたでしょうか? 現在形はわかっているようで、実はわかっていない状態になっていると、今回挙げたような問題で誤答をしかねません。TOEIC®や英検の文法問題でも似たような問題が出るかもしれませんので、現在形の使える場面を理解しておきましょう。

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.