人称代名詞・再帰代名詞・oneの用法を一気に理解しよう【TOEIC®から学ぶ基礎英文法(5)】

TOEIC®L&Rテストのパート5で代名詞の選択問題は頻出される分野だ。関係代名詞以外にも、人称代名詞や再帰代名詞、代名詞「one」の活用法などが代名詞には存在する。ここでは、「ブラスト英語学院」を運営し、TOEIC®満点・英検1級を保持する中野太郎氏に代名詞をまとめて解説してもらおう。

代名詞にはどんな種類と働きがあるのか?

ここではTOEIC®でも目にする「人称代名詞」、「再帰代名詞の強調用法」、「oneの用法」について触れていきます。そもそも代名詞とは、字の通り「名詞」の「代わり」になる品詞です。例えば、TOEIC®L&Rの正式名称は「Test of English for International Communication Listening and Reading」ですが、代名詞を使わずに会話をすると次のようになります。

A:「昨日、Test of English for International Communication Listening and Reading受けてきたけど、君はTest of English for International Communication Listening and Reading受けたことある?」

B:「うん。私も先月、Test of English for International Communication Listening and Reading受けてきたよ。Test of English for International Communication Listening and Readingの中でも、特にReadingのパートが難しかった」

このように代名詞を使わずに会話をすると、非常に会話がしづらいために生まれたのが代名詞です。上記の会話では、代名詞「it(それ)」を使用すれば、次のように会話が短くなります。

A:「昨日Test of English for International Communication Listening and Reading受けてきたけど、君はそれ(it)を受けたことある?」

B:「うん。私も先月それ(it)を受けてきたよ。その(it)中でも特にReadingのパートが難しかった」

代名詞の基本「人称代名詞」を覚えよう

それでは、まず人称代名詞から見ていきましょう。「人称」とは、動作の主体が話し手・聞き手・第三者のいずれであるかの区別のことで、1人称は1人(自分)、2人称は2人(あなた)、3人称は3人(それ以外の人・物)で会話しているところをイメージするとわかりやすいと思います。では人称が分かったところで、下の表をご覧ください。

人称代名詞の主体 主格(〜は) 目的格(〜に・が・を) 所有格(〜の) 所有代名詞(〜のもの) 再帰代名詞(〜自身)
I me my mine myself
私達 we us our ours ourselves
あなた you you your yours yourself
he him his his himself
彼女 she her her hers herself
それ it it its なし itself
彼ら・彼女ら・それら they them their theirs themselves

人称代名詞は主格、目的格、所有格、所有代名詞などと種類の名称表現が分かりにくいですが、主格(~は)、目的格(~に、~が、~を)、所有格(~の)、所有代名詞(~のもの)と訳せるときに、上の表から該当する英語を選べばよいだけです。

(例)
・私は彼が好きだ(I like him.)
・私は彼のペンを使う(I use his pen.)
・そのペンは私のものだ(The pen is mine.)

それでは、次の問題を見ていきましょう。

問題1:The director of HR department thanked Kiyoko Koshino for ______ help with the successful project.
(A)she
(B)hers
(C)herself
(D)her

人称代名詞の問題の解き方としては、「問題文を簡略化して代名詞の種類を明確にすること」です。上の問題文を簡単な文にすると、「He thanked her for ______ help」になります。ここでの「help」は「助け」という意味の名詞です。各人称代名詞を当てはめると、(A)彼は「彼女は」助けに感謝した、(B)彼は「彼女のもの」助けに感謝した、(C)彼は「彼女自身」助けに感謝した、(D)彼は「彼女の」助けに感謝した。意味が通るのは(D)の「彼女の助け」ですね。ですので、答えは(D)で訳は「人事部長は、その成功したプロジェクトでのコシノキヨコの助けに感謝した」となります。

再帰代名詞には主語・目的語を強調する働きがある

続いては、再帰代名詞(~自身)について説明します。再帰代名詞には、「強調用法」という主語や目的語を強調する働きがあります。例えば、「I saw it myself.(私自身それを見た)」、「He himself brought it.(彼は彼自身でそれを持ってきた)」などが強調用法に当てはまります。この文は、再帰代名詞を無くしても「I saw it.(私はそれを見た)」、「He brought it.(彼はそれを持ってきた)」と意味が通じます。再帰代名詞を含む2つの例文は、主語である「私」もしくは「彼」を強調しています。

つまり、1つ目の例文の場合、他の誰でもなく「私」が見たということを強調しており、2つ目の場合も、誰でもなく「彼」が持ってきたということを強調しています。それでは、次の問題を見てみましょう。

問題2:Mr. Nakazawa decided to give the presentation before the potential investors ——- because he knows that matter more than any other employees.
(A)he
(B)him
(C)himself
(D)his

先ほど挙げたテクニックを使って問題文を簡略化すると、「Mr. Nakazawa decided to give the presentation ______ 」になり、「he」、「him」、「his」が入らないと分かります。そのため、答えは(C)himselfとなります。念のためにbecause後の文を訳すと、「彼はその件に関しては他のどの従業員よりもよく知っているから」と答えが正しいことがわかります。

また、プレゼンテーションは他の誰でもなく「彼」がやることを強調しているので、答えのhimselfは再帰代名詞の強調用法です。日本語訳は、「ナカザワ氏はその件に関して従業員の中で一番詳しいため、彼自身が潜在的な投資家の前でプレゼンテーションをすることに決めた」となります。

代名詞「one」は不特定の名詞を表す

ここまで人称代名詞を説明しましたが、他にも「it」、「this」、「these」、「that」、「one」などの代名詞があります。これらの中でもTOEIC®のパート5で目にすることも多い「one」の用法について説明します。代名詞「one」は、「it」と比較するとわかりやすく、「it」は特定の名詞(ヒト・コト・モノ)を表すのに対して、「one」は不特定の名詞(ヒト・コト・モノ)を表します。次の例文を見てください。

(例)
①I can’t find my wallet. Didn’t you see it somewhere?
②I want to eat an apple. Could you buy one for me?

さて、①の文では、代名詞「it」が「私の」財布という“特定”の財布を指しています。それに比べて②では、代名詞「one」は“不特定”のリンゴを指しています。つまり、リンゴならば何でも良いわけです。この違いが理解できていれば、次の問題も解けると思います。

問題3:Tsugaru apple is the most expensive ______ in the fruit market.
(A)it
(B)that
(C)one
(D)those

選択肢が全て代名詞なので、空欄に代名詞に代わる名詞を入れてみると、「Tsugaru apple was the most expensive “apple” in the fruit market.」となります。この“apple”は、不特定のリンゴを指しています。もっとわかりやすく訳すと、「津軽リンゴは“果実市場にある不特定のすべてのリンゴ”の中で一番高かった」という訳になるので、答えは(C)oneとなります。

「人称代名詞」、「再帰代名詞の強調用法」、「oneの用法」と代名詞を説明してきましたがいかがでしょうか? 代名詞はTOEIC®の文法問題にも出題されるだけではなく、普段の会話の中でも使用機会が多いので、今一度使い方などを復習しておきましょう。

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.