TOEFLテストリスニング問題190 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

聞き取れるようになる目指せ80-100!

TOEFLリスニング攻略に向けて、目的別に4つのChapterで問題が扱われています。リスニング中のコツやディクテーションの方法など多くのアドバイスが載っています。リスニングに苦手意識のある人はこちらを使ってみると自信につながるでしょう。

目次

Preface
INTRODUCTION
本書の利用法
Web特典について
付属CDについて
留学準備をはじめよう!
TOEFL® FF Information
TOEFL iBT® 受験ガイド
CHAPTER TOEFL リスニング問題傾向と対策
TOEFLリスニング問題傾向と対策
リスニング問題操作方法
CHAPTER 2 基礎学習
STEP1 スペルと発音のギャップ
STEP2 ディクテーション
STEP3 記憶保持
STEP 4 ノートテイキング
Column 1 リスニング学習のポイント
STEP 5 質問のタイプと形式1 ナレーション
STEP 6 質問のタイプと形式2質問形式
STEP 7 会話1 大学スタッフとの会話
STEP 8 会話2 オフィス・アワー
STEP9 講義1 レクチャー
STEP 10 講義2 ディスカッション
Column2 チューター制度/成績評価
STEP 11 生物学の講義
STEP 12 政治学の講義
STEP 13 芸術の講義
STEP 14 アメリカ文化の講義
STEP 15 心理学の講義
Column 3 数の認識の常識の違い
CHAPTER 実戦練習
実戦練習 1
実戦練習 2
実戦練習3
実戦練習 4
実戦練習 5
実戦練習 6
実戦練習7
実戦練習 8
実戦練習 9
CHAPTER 4
Final Test
Final Test 1 Questions
Final Test 1 Answers Final Test 2 Questions
Final Test 2 Answers
重要単熟語

喜田 慶文 (著)
出版社: 旺文社; 4訂版 (2014/2/21)、出典:出版社HP

本書の利用法

本書は,TOEFL受験に関するInformationと,以下の4つのCHAPTERから構成されています。付属のCDとともに活用することで,最大限の学習効果が得られるようになっています。
CHAPTER 1 TOEFL リスニング問題傾向と対策

TOEFLリスニング問題の設問形式や傾向と対策そしてパソコン画面についてそれぞれ解説してあります。まずはここを読み,リスニングの概要を知ることから始めましょう。

CHAPTER2 基礎学習

15のステップを1つ1つ進めていくことで,リスニングの基礎学習が完成するようになっています。すべて終わったときには、リスニングのカが確実に身についているはずです。

●TOEFLリスニング問題 傾向と対策
(1)まずは基本のリスニング力を身につけよう!
CHAPTER3の実戦練習や,CHAPTER4のFinal Testを見てもわかるとおり, TOEFLリスニング問題は、リーディング素材としても決して簡単な問題ではありません。会話の流れや講義の論理展開を正確に把握し、記憶するカが必要となります。
とは言ってもやはり、TOEFLリスニング問題攻略の第1歩は「基本のリスニングカ」にあります。TOEFLリスニングで困っている人の大半は,TOEFLリスニング対策以前に基本のリスニングカ不足で困っているのです。
ここではまず、リスニングの基礎を身につける方法を示し、続いてTOEFLリスニング問題の対策を考えていきます。
(2)リスニングの基礎力をつける2つのステップ
外国語のリスニング学習の基礎は、大きく分けて2つのステップがあります。
1 Speech Perception(音声知覚)
これは,例えばiとrのように日本語にはない2つの音を識別したり、’wearjo’gouyという音声の塊からwhere, are, you, goingの4つの意味のある音に切り分けたりすることです。
2 Listening Comprehension(音声の意味理解)
これは、音声知覚によって切り分けたそれぞれの音の意味を処理し、文全体の意味を理解することです。音の意味処理は、句や語,3語程度の文であれば分析的に行うことも可能ですが,それを超えた連続的な量となると、直感的に (自動的に)理解していかなければ間に合いません。これには、耳で聞いて理解できるレベルの英文の意味を取る練習を重ねて、自動的に理解できる分量を増やす必要があります。

基礎であるSpeech Perceptionができていないと, Listening Comprehensionのプラクティスにも入っていけませんし、模擬問題などを使った実力養成でもほとんど効果が上がりません。ほかのセクションでも同じですが、リスニングは基礎から順に積み上げていかなければ力をつけていくことはできないのです。
それでは、この2つのステップをクリアするためのプラクティスを見てみましょう。

1ディクテーション(Dictation,書き取り)
ディクテーションはリスニングカを養うための最初の1歩であり,その後のリスニング学習を支えます。
高校卒業程度の英語力のある人なら,3語の聞き取りは約50%の人ができますが、その倍の6語になると9%以下になってしまうという実験結果があります。しかし集中的に1カ月間ディクテーションを続けると,たいていの人が6語程度なら聞き取れるようになっているのです。ディクテーションはSpeech Perception力養成の有効な学習法となり,また, Listening Comprehensionの基礎的なプラクティスにもなるのです。ディクテーションの具体的な効果としては、以下のようなものがあります。

1文字と音声の関係に対して今までの意識が変わってくる
2間き取りに必要な神経の集中が可能になる
3短い文レベルではあるが,音から意味を推測する習慣がつく
4短い文レベルではあるが,細部から文全体を推測できるだけでなく、文全体からも細部が推測できるようになる
このように、音声の聞き取りを確実にしていくとともに、文法の知識や一般常識から細部の音の推測が可能になり、リスニング学習に伴って生じるさまざまな問題の対処法をディクテーションによって身につけることができます。
実際のディクテーションの方法は CHAPTER2のSTEP2(p.34)で説明します。あまりにも難しいようだったら、最初は1文単位で,少しずつ単位を長くしていっても構いません。また,STEP2だけではなく,STEP3以降のExerciseでもディクテーションをしてみましょう。
STEP1 スペルと発音のギャップ
学習目標 スペルと発音のギャップを理解する。

ポイント
読み書きを中心に英語を学習してきた人の中には、自分流の発音で英語を読む癖をつけてしまっている人が多くいます。saidを”セイド, stirを”スティア”,debtを”デブド”と読んでしまっていないでしょうか。また, energyを“エネルギー”と読むなど、カタカナ語に影響される場合もあります。このような顔をつけてしまっていると、ネイティブの英語を聞き取れず、リスニングの問題にも対応できなくなってしまいます。
こうした問題を解決するには、音声教材などでスペルと音声の確認をし、実際に発音してみる必要があります。英語を黙読するときも、正しい発音をイメージしながら読むよう習慣づけるとよいでしょう。

以下に、特に注意したいポイントを挙げておきます。
1.iとr, bとvなど、日本人には識別が難しい音を含む語の聞き取り
2.カタカナ語と元の英語との発音・意味の違い
例えば、cunningを”カンニングと読んでしまいがちですが、英語の発音は”カニン”,意味は「狡猾な」です。いわゆる不正行為という意味の「カンニング」は英語ではcheatingです。
3. 否定形の聞き取り
例えば,can/can’t, must/mustn’tなどは//の聞き取りが重要です。
4.リダクション(音の脱落・弱化)による音の変化
I want to がI wanna のように,短縮されることがあります。
5. ウィークフォーム(weak form)
冠詞,前置詞,すでに話題に出ているものを指す代名詞などにはアクセントが置かれず、小さく発音されたり、短縮されたりします。「(無料のスプーンはありますか」という質問に対して, We sell them.「売っている(ものならある)」と答える場合.themはほとんどmしか発音されず、“ウィセゥエム”としか聞こえません。

喜田 慶文 (著)
出版社: 旺文社; 4訂版 (2014/2/21)、出典:出版社HP

CD 1-2-6
Exercise
Now get ready to answer the questions.
You may use your notes to help you answer.

1 Why does the student go to the financial office?
A To do research for one of his classes
B To find out ways to improve his grades
C To assist a teacher in his department
D To apply for money to go to school
2 When was the closing date for grant applications?
A Yesterday
B The previous month
C Two months ago
D The previous year
3 What type of financial assistance will the student most likely apply for?
A A scholarship
B A grant
C A personal bank loan
D A government loan
Listen again to part of the conversation.
Then answer the question.
4 Why does the staff member ask the student this question?
A To see if he is eligible for a scholarship
B To find out when he has to repay his loan
C To see if he has a valid student ID card
D To find out exactly what he wants

Passage 1 ANSWERS
ポイント
・まずは会話の場面を理解します。小論文が不完全だったため、教授が学生 を呼び出していることが、最初の2回のやりとりで分かります。どのよう な流れになるのか予想してみましょう。
・教授は論文の重要性を説明した後、学生の小論文は何が足りないかを具体
的に指摘しています。
・さらに後半で、学生の小論文には3つの論点が必要だと話しています。数
字が出てきたときは必ずノートを取りましょう。
・最後に提出スケジュールについて話されています。締め切りの日付はもちろんですが、それ以外の日に何をするのかも確認しましょう。
Script……….CD3.2-1
グレーで示してある箇所(why I called you など)はこの会話のコアの部分です。これをきちん と追いながら聞くことができていれば、問題を解くために必要な会話の内容が理解できているこ とになります。大事な部分やノート・テイキングのヒントとなる事柄をふきだしで説明していま すので、参考にしてください。
学生はS、教授はPとするなどルールを決めておきましょう

Listen to a conversation between a student and a professor.
Professor: Ah, Sarah, there you are. Come in, please.
Student: Good morning.professor.
Professor: You know why I called you here today, don’t you, Sarah?
Student: Well, I guess my paper failed, and that’s what you’re going to tell me, right?
Professor: Well, failed isn’t the word I’d use, Sarah. An essay is a series of continuous adjustments. To say you’ve failed would be to ignore this important process. Let’s just
say that I’d like you to redo it and submit it by the last class, next week.

Student: Do it again? So, I have failed, then.
Professor: Look, Sarah, this essay covers most of the work we’ve gone over for the second
half of this term. That’s nearly 6 weeks’ work. 1-1 This paper is the main thing you need to turn in to get a final grade for this class. So, it’s my job to make sure students reach a certain standard of written essay. It’s because essays are academic proof of a logical and analytical mind, and also that 1-2 the contents of the essay show me that

you have carefully thought through the points and issues raised in the class and the readings. You can appreciate that, right?
Student: Yeah, I understand, but I’m, um, just a no good at essay writing. I kinda know
what I want to say in my head, but when it comes to the paper, well…
Professor: The key to any good essay is planning and structure. If you don’t plan, your
work ends up like this…that reads like you’re talking about the subject off the top of your head Your points are good, but the layout isn’t. Look, what do you think are the three most important things related to your thesis statement here…you know, the three
main points to address in your essay?

Student: Well, first, um…the unskilled labor shortage, and next, um..the influx of foreign
migrant workers, and um, the um, here, here…foreign policy.
Professor: OK yeah, those seem to be good topics to use, but in this paragraph, your
topic sentence is related to labor shortage. However, halfway through the paragraph, the
emphasis shifts to foreign workers.
Student: But those points are related, aren’t they? That’s why I put them together
Professor: Yes, they are related, but they are separate points, each with, ah, different facts
and opinions to back them up.
Student: Should I talk about the foreign workers in the next paragraph? Is that what you
mean?

Professor: Yeah, that’s good, but as they are related, your topic sentence in paragraph 2
should reflect that, right?
Student: Yeah, I get it…I suppose I’ll give it another try.
Professor: Good. Remember that the deadline is next Friday, though.
Student: OK. Professor, you’re here on Monday, right? Professor: Yes, Mondays, Tuesdays and, um, Fridays…all day. Student: I’m going to have another go over the weekend. Would it be OK to show you a first draft on Monday before class before I write it out in full?
Professor: Yeah, that’s no problem. Why don’t you see me after the second period… I’ll be
here.
Student: Thanks. See you, professor.

Final Test 1 ANSWERS
Passage 1 p.194〜195 CD 3-2-1
解答一覧p. 206
Script
Listen to part of a conversation between a student and a school financial aid advisor.
Student: Um, excuse me. I’m looking for the Office of Student Financial Aid.
Advisor: You’re in the right office. How may I help you?
Student: Well, um, 1-1 I have a question regarding the tuition for my classes next year.
Advisor: I see. Could you please show me your student ID card? Okay, thank you. Hmm, it seems that you’re an international student and in your second year of study now. Is that correct?
Student: Yes, that’s right. You see, 1-2 this year I had no trouble paying for my courses but next year the university tuition is going to increase by six percent. So, I’m, um, kind of worried that I won’t be able to afford it. Would it be possible for me to get a partial tuition waiver next year?
Advisor: Unfortunately, tuition waivers are not available at this university,

Student: Is that true? Hmm, in that case, could I possibly apply for additional scholarships?
Advisor: Um, I’m afraid that it’s quite difficult to obtain more scholarship money in your
case. You see, you’re already studying here in the United States and most organizations that grant scholarships favor international students who apply for financial aid from their home countries. Um, have you considered seeking an educational loan?
Student: Yes, in fact I visited a bank yesterday to inquire about the possibility of getting a loan. But, um, a they told me that I needed to have an American citizen cosign the application for the loan to guarantee its repayment. couldn’t do that, you see, because I couldn’t think of anyone whom I could ask to help me in that way.
Advisor: Hmm, I see. It seems like your financial situation is a bit difficult. We’ll need to
try to think of some alternative options to keep you enrolled next year.
Student: Do you think it’s possible I won’t be able to take classes next year?

Advisor: Don’t panic just yet. Um, we’ll do our best to prevent that from happening. But, unfortunately, some students do occasionally have to suspend their studies for a semester or two due to a lack of funding. Let’s see now, um … have you thought about getting a part-time job to help finance your education?
Student: Really? Is that possible? You see, I was told previously that I was ineligible to work in the U.S. due to the conditions of my student visa.

喜田 慶文 (著)
出版社: 旺文社; 4訂版 (2014/2/21)、出典:出版社HP